Re:LIFE198話ネタバレ感想:両思い

「好きだよ日代さん。俺日代さんの事が好きなんだ」

そう日代に告げた海崎。

ネト充のススメ&ミイラの飼い方がアニメ化!

【ネタバレ有】ネト充のススメが10月にアニメ化!comicoの休載中明けはいつ?

ミイラの飼い方がアニメ化!?放送日はいつから?声優情報は?

comicoの人気作品・ナンバカの舞台情報はこちら

舞台ナンバカ・超!脱獄歌劇「ナンバカ」!

舞台・超!脱獄歌劇「ナンバカ」キャストが決定!キャスト情報追加(7/21追記)

リライフと同じくアニメ化&映画化が決まった「恋と嘘」についてはこちら

アニメ化&映画化の「恋と噓」1巻のネタバレと感想:高崎と仁坂の関係の伏線も?

「恋と噓」2巻のネタバレと感想:やっぱり気になる高崎と仁坂の関係

「恋と噓」3巻のネタバレと感想:過激な特別講習会で根島と莉々奈に変化が!?

「恋と噓」4巻のネタバレと感想:仁坂と高崎さんが演じるあの名作!根島の運命の相手とは?

リライフと同じ土曜日にジャンプ+で連載の当サイトイチ推し!ルートエンドの2巻の発売は9/4(月)!収録話はこちら


ROUTE END第7話:エンドとの対峙

ROUTE END第8話:怒り

ROUTE END第9話:橘社長の爪痕

ROUTE END第10話:居場所

ROUTE END第11話:「ド変態」

ROUTE END 第12話:橘の故郷へ

ROUTE END 第13話:仮面の男のDNA

スポンサーリンク


リライフ198話あらすじ&感想

「好きだよ日代さん。俺日代さんの事が好きなんだ」

そう日代に告げた海崎。

すると、日代は理解が追いつかずにショートしてしまいます。

こんな表現見るの久しぶりな気がしますねwww

そんな日代に海崎は謝罪します。

「ごめん!いろいろわかんなくて悩んでるところにこんな余計混乱するよね、ごめん!」

これ日代側はもう海崎が大人だと知ってて、海崎側は日代がJKだと思ってるから許されるとこありますよねwww

日代は海崎を高校生だと思ってて、海崎が日代が大人だと知ってたらすごいダメ大人ですよwww

「それは恋愛感情の好きということでしょうか?」

そう海崎に尋ねる日代。

そうきたかと海崎は驚きつつも、うんと肯定します。

「でも私嫌われていたのでは?」

そう返す日代に海崎は驚きます。

うむ、日代に嫌いな人とはデートしない、という発想はないんですね。

それはそれで凄いぐう聖。

ある意味自分を嫌っているであろう人間をデートに誘える鋼メンタル羨ましい。

「『恋愛感情の好き』ならしたいと思う事、私いくつか海崎さんにお願いしたり聞いたりしましたが、とてもご迷惑そうだったので」

そんな日代に「だからそれは!」と叫ぶ海崎でしたが、相手は日代。

大きくため息をついた後、海崎は諭す様に言います。

「いい?俺は日代さんが好き。でも日代さんの言う色々は、ただ恋愛感情を学ぼうと一生懸命なだけだろうと思った。

そんな純粋な熱意を利用して俺が下心を満たすのはダメだろ?

だからなんとか断ってただけで」

そう海崎はなるべくわかりやすく日代に言います。

そして好きな子にあんな風に迫られて嬉しかった。好きだからこそ困っていたと、迷惑に感じていた理由をを伝えます。

海崎の言葉に「嬉しかったのは私だけじゃなかったんですね」と日代は呟きます。

そして自分も海崎に気持ちを伝えたいと日代は思います。

「確かに恋愛感情を学ぼうとしていました」

例え消えてしまう想いだとしても、忘れられてしまう存在だとしても、今の海崎に伝えたい。

そう思い、日代は誰にだってあんなことする訳じゃない。

好きだから気になって、好きだから触れたくて、触れて欲しくて嬉しくて、と海崎に言います。

「私の恋愛感情の対象が海崎さんだからです。海崎さんの事が好きだからです」

日代の言葉に目を見開いて驚く海崎。

「バカがバカにしないでください」

そう日代は照れ隠しに悪態をつき、流石の自分でもあんなことは海崎にしか頼まないと言います。

そもそも恋愛感情を学ぶための検証なのだから、そうでない人間を対象にしたりしない。

海崎でなければ意味がない、海崎じゃなきゃダメなんだという日代の訴えを、海崎はどこまで聞いていたのでしょうか。

嬉しさのあまり日代を抱きしめる海崎。

そんな海崎に日代は「海崎さんじゃなきゃ嬉しくないです」と告げます。

「すみません、後だしでこんな、ズルイですよね」

そんな日代に海崎も「ズルいのはこっちだよ。勇気を出して一歩踏み込んでくれるのはいつも日代さんだった」と答えます。

そして海崎は日代を抱きしめる腕を緩め、日代に向かって言いました。

「日代さん、俺と手を繋いでくれませんか」

そう言って手を差し出す海崎。

以前と違って今度は「好き同士」のデートだから。

そんな海崎の言葉に日代は頷き、夜明はその様子を「正真正銘のデート」だと報告書に綴ります。

そこに社会を諦め、自分を諦め、惰性の日々を過ごしていた二人の姿はもうなく、これから先の二人の人生は今を大事に噛みしめて生きていくだろう。

そんな二人に対する成長と希望の言葉で締められるのでした。

他のオススメ作品はこちら​

img_2509 %e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

同じく老舗人気漫画だったももくりの最終回はこちら→comicoを代表するラブコメ・ももくりが最終回を迎えた件について

こちらもオススメです

「嘘と本音と冷たいカメラ」はマンガワンのここ!あらすじと感想

マンガワンのDLはこちら

リライフが一時期掲載されていたpixivコミックについてはこちら

comicoリニューアル炎上で削除した人にオススメしたい漫画アプリ

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280