ナンバカ150話ネタバレ&感想:猿鬼と法子と猿門とジューゴ

アホちょろい猿門が易々と挑発に乗ってくれたので勝負する事になった猿門とジューゴ達。

ですが開始早々に予想通り猿門は遊ばれている様ですwww

ナンバカが5分でわかるまとめはこちら→アニメ二期も決定したナンバカ人気の秘密は?その魅力を凝縮した5分でわかるまとめ

ナンバカの登場人物まとめはこちら→ナンバカの登場人物をWikipediaばりにまとめたYO!(ネタバレ有)

ナンバカ150話あらすじ:希望を託された猿門とジューゴ

13舎に星太郎の「悟空主任助けて下さい」という悲鳴が響きます。

画像引用:ナンバカ

先ほどから次々と迫りくるトラブルにカリカリしながらも迎え撃つ気満々の猿門。

しかし「13房が僕の事馬鹿にしてくる」といういつもの事でした。

「なんだよ、そんな事か」と一安心の猿門。

「つーかそんな事よりどうなってんだよ13房の連中は」と星太郎に詰め寄る猿門。

「何がですか?」と全くピンときていない星太郎に対し、猿門はイライラしながら答えます。

今日だけで猿門のカルシウムどんなけ減ったんだろうなぁ~?

ロックが作業中に喧嘩をしだした事。

ウノが他の房で勝手に賭け事しだした事。

ニコがまた変な持病をうつした事。

ジューゴが勝手にその辺を好き勝手うろついてる事。

脱獄勝負以前に問題が多過ぎだろう!と猿門は指摘しますが、星太郎は「え?いつも通りですが何か?」と涼しい顔www

最早星太郎に悪意を感じるwww

「こんないつもがあってたまるか!!」と苛立ち「てめえもハジメも後で覚えとけよ」と言う猿門に星太郎は「副主任が迷子になってるので迎えに行ってあげてください」と追い打ちをかけますwww

もう星太郎囚人側の刺客だろwww

どっと疲れた猿門は休憩室で「まさか13房の奴らがここまでめんどくさい奴らだったなんて。今まで隠せてたのが不思議なくらいだぜ」と一息ついてました。

そこに「ほんとだよなー」と現れるジューゴ。

猿門のアイスも勝手に取り出して食べていますwww

「てめぇ~いい加減にしろよ。だんだん慣れてきた自分が嫌になってきたわ」とジューゴをぶん殴る猿門。

画像引用:ナンバカ

ごめんと謝りつつ「この勝負アンタの負けだよな」と猿門の痛い所を突くジューゴ。

「確かに俺は奴らの脱獄を止められなかった。この勝負に負けたなんて報告も…」と悩む猿門でしたが、ジューゴは「報告するならしていいよ」と言います。

「別にアンタのせいじゃないし、脱獄は俺が勝手にやってる事だ。アンタはちゃんと止めようとしてたし、それじゃダメなのか?」そうジューゴは猿門に問いかけます。

前にハジメに言ってたのと同じですね。

それに対して猿門も「甘い事言ってんじゃねえよクソガキ」

画像引用:ナンバカ

「囚人のてめえらは大人しく捕まってりゃいいんだよ。それが囚人の義務ってもんだ」と以前ハジメが言ったのと同じことを言いました。

これには思わずジューゴも笑います。

笑った理由を猿門に聞かれたジューゴは「アンタも似た様な事言うんだな。おもしれえなって」そう思ったままを答えます。

スポンサーリンク


それを「俺を試したのか?」と不快な反応を見せる猿門をよそにジューゴは続けます。

「ま、報告の事はアンタの好きにしていいよ。考えてはくれてるんだろうから」

そんなジューゴに猿門は「俺はてめーの考えがわからねーよ。どうして脱獄をくりかえすのかがな」と言います。

ジューゴはあっけらかんと「だって今の俺にはこれしかねぇから」と答えます。

「もしこの先に他にやれる事とか、好きな事ができたら止める…かもしれねぇじゃん」

ちょっと微妙な間をあけてジューゴは続けます。

画像引用:ナンバカ

「それにせっかく生かしてもらったからさ。アンタの兄姉に俺はチャンスをもらった。

だからじっとしてられない。悩んだり考えたりするのは向いてないからできる事を精一杯やりたい。いつか何かが見つかるまで」

そう言ったジューゴに何か感じる所があったのか猿門は「それが脱獄ならはた迷惑だ。逃げてもすぐへばって連れ戻される癖に何が精一杯だ。脱獄以前に体力作りしろ」と正論を吐きます。

これには返す言葉もないジューゴ。

ようやく猿門が一本取り返した感じですねwww

画像引用:ナンバカ

「だが、そのチャンス。ぜってー無駄にすんじゃねぇぞ」

そう言って猿門はジューゴにアイスを差し出しました。

「でもこれだけは覚えておけ。脱獄することだけが自由だなんて思うなよ」

お前らは囚人。好き勝手できると思ったら大間違いだ。

どれだけ逃げ回っても俺らの監視下にあることを忘れんな。

だから一人で何とかしようだなんて間違っても考えるな。

お前らの問題は看守の俺らの問題でもある。

画像引用:ナンバカ

「これ以上傷の男とエルフに好き勝手されてたまるか。奴らは俺がぶっ潰す」

だから邪魔するな、といつかハジメが言ったのと同じ言葉を猿門も言いました。

それを見て「やっぱ面白い奴だな。アンタも」そうジューゴは笑うのでした。

ここで終わっておけばイイハナシダナーだったんですが、ジューゴはアイス2本食べた事でお腹が冷え、脱獄不能なくらい深刻なダメージを受けましたwww

やっぱり脱獄以外はポンコツのジューゴでしたwww

スポンサーリンク


ナンバカ150話感想:猿門カッコいいよ猿門!

いやいや、最初から猿門がジューゴにアイス2本与えてたら楽勝ちゃんでしたねwww

相変わらずのジューゴのポンコツっぷりワロタwww

いやいや、それまではジューゴかっこよかったんですけどね。

猿門の言う通り、まずは体力作りから始めるべきでしょうなwww

そしてなんだかんだでハジメと似た者同士の猿門。

正義に対する考え方がしっかりしているのは兄譲りなのかもしれない。

囚人の問題は看守の問題って考え方カッコいいなぁと思います。

いやおちょくられる可愛い猿門も好きですが、やっぱりカッコいいのも良いですね。

最初は小うるさい感じでそんなに好きなキャラではなかったんですが、やっぱ5舎編でだいぶ好きになりましたね。

第三部でもきっと活躍してくれるでしょう!

5舎編のアニメも楽しみにしてますwww

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280