アニメ化&映画化の「恋と噓」1巻のネタバレと感想:高崎と仁坂の関係の伏線も?

アニメ化&映画化が決まったマンガボックス連載の「恋と嘘」

遅ればせながら読んでみたところ、個人的には仁坂と高崎の関係が一番気になりました。

「恋と嘘」一巻はマンガボックスやLINE漫画で試し読み無料の可能性大!

アニメ化&映画化が決まっている「恋と嘘」は連載されているマンガボックスは勿論のこと、同じマンガボックスで連載中の「骨が腐るまで」が無料連載されているLINE漫画等他のアプリでも無料で試し読みができる可能性が高いです。

「恋と嘘」が連載されているマンガボックス他漫画アプリについてはこちら

comicoリニューアル炎上で削除した人にオススメしたい漫画アプリ

スポンサーリンク

こちらがその「恋と嘘」1巻の表紙ですが、この漫画「見ざる、言わざる、聞かざる」が大きなヒントになってると思うんですよね。

この表紙のメインヒロイン・高崎美咲は「言わざる」ですね。

その辺りを踏まえて、1巻の詳しいネタバレとあらすじを紹介していきたいと思います。

「恋と嘘」第一話は世界観、根島と高崎の恋という二つの軸が描かれます

主人公・根島由佳吏(ねじま ゆかり)は恋をしていました。

人知れず、ひっそりと視線で追ってしまう女の子。

可愛らしい彼女が笑うだけで、根島の心には花が咲いた様に幸せな気持ちになるのでした。

そんな彼女の名前は高崎美咲。

誰もが目を奪われる美少女ですが、根島には彼女との間に特別な思い出がありました。

二人がまだ小学5年生だった頃、隣の席の彼女が消しゴムを忘れてしまった時の事でした。

ずっと悩んで、5時間目にやっと消しゴムを半分に切って彼女に渡した根島。

それなのに高崎さんはそっと「ありがと」とお礼を言ってくれたのでした。

たったそれだけ。

たったそれだけだったのに、それ以来根島は高崎さんの事が気になってしまったのです。

あの時の消しゴムは根島の宝物になりました。

普通だったらきっと根島は高崎さんに思いを告げたでしょう。

それ位根島は長く、色あせることなくあの時と同じ気持ちで高崎さんを想っていました。

しかし根島たちはある制度の中で生きています。

画像引用:マンガボックス

それは「政府通知」というものによって国が決めた相手と結婚する制度です。

通称「ゆかり法」と呼ばれるその制度は超・少子化対策として制定され国が国民の遺伝子を細かく分析し、最良の組み合わせで結婚相手を決める国家規模のお見合い結婚制度です。

遺伝子規模で最良の相手を導き出すこの制度は「科学の赤い糸」とも呼ばれ、政府通知によって結ばれた二人の間にできた子は恋愛結婚の子に比べ、学力・体力といった能力が高かったり、丈夫であったりという統計もでています。

約束された幸せ、安定した未来が待っている政府通知の代償は「恋」でした。

夫婦として選ばれた男女両者が満16歳になると、互いに将来の相手が結婚相手として通知されるのです。

その為恋愛は禁止。

政府通知が届くまでの間に短い恋を謳歌する者もいますが、長い目で見れば将来約束された相手が居るのだからあまりメリットはありません。

根島は明後日に誕生日を迎える身。

しかし彼の想い人・高崎さんは4月生まれ。

もう政府通知が来ていてもおかしくはないのです。

そこで根島は高崎さんに告白をしようと決意します。

6時に来て欲しい!そう高崎さんに告げた根島でしたが、彼女は一向にあらわれません。

11時半を過ぎた頃、流石に諦めかけた根島でしたが帰ろうとする彼を引き止めたのは高崎さんでした。

根島は意を決して「好きです」と高崎さんに告白をします。

すると彼女もまた根島にもらった消しゴムを大切に持っていてくれたのです。

「私もずっとずっと好きでした」

こうしてお互いの気持ちを確かめ合った二人はキスをします。

その直後、時刻は12時をまわり根島は16歳の誕生日を迎えます。

それと同時に彼の携帯に政府通知が送られてきました。

画像引用:マンガボックス

そこにあった相手の名前は「高崎美咲」目の前の彼女です。

ここで物語が終わるのならば、間違いなくハッピーエンドだったでしょう。

根島と高崎さんが育んだ純愛が呼んだ奇跡の物語として別の話になったかもしれません。

しかしこの恋の奇跡を喜んだのも束の間、根島の携帯はブラックアウトしてしまいました。

そして彼らの前に厚生労働省の一条と矢嶋が現れます。

彼らが持ってきた政府通知、その相手は高崎さんではありませんでした。

さっき高崎さんの名前が出たと根島は訴えるも、一条はそんなはずはないと一蹴し、事務的な内容を告げて帰って行きました。

諦めきれない根島は高崎さんに「何かの手違いかもしれないから、二人で一度調べよう」と言いかけますが、高崎さんは「誕生日おめでとう」とその言葉を遮ります。

「本当は来ないつもりだった。私の気持ち一生言うつもりなかった」

画像引用:マンガボックス

そう言って高崎さんは「今日この30分の思い出だけで、あと70年は生きていける気がする」と根島の手を取り言いました。

彼女は根島との事は過去にするつもりの様です。

しかしその言葉とは裏腹に、高崎さんはその手を自分から放すことはしませんでした。

言葉ではきっぱりと過去にする決意が伺える高崎さんですが、やっぱり16歳の女の子。

未練が残ってしまう様です。

ここの高崎さんがどうしようもなく可愛らしいんですよね~。

名残を惜しみつつ、高崎さんと別れた根島。

遅れて携帯に届いた政府通知の相手はもう高崎さんではありませんでした。

でも根島には高崎さんを好きだという気持ちは強き焼き付いたままでした。

スポンサーリンク


「恋と嘘」第二話は真田莉々奈が登場!彼女は根島の婚約者だが…

高崎さんと想いが通じ合った日・根島の誕生日から4日目。

根島は政府通知との会談を無視し、学校へ向かいました。

きっと話せば高崎さんはわかってくれる、そう思った根島でしたが高崎さんは「私は『思い出にしよう』って言ったの。お互い過去って意味で」と言い放ちます。

更に今の根島の行動を「とても迷惑」と冷たく突っぱねます。

凄い。

これは根島の幸せを思うが故の行動なのはわかるんですが、だからといって政府通知を蹴ってまで高崎さんに会いに来た根島を一蹴できる高崎さんが凄い。

言葉を額面通り受けちゃう根島はヘタレだと思いますが、16歳の男の子だし仕方ないかなとは思いますね。

いい歳したオッサンだとどうしようもないですがwww

そんな傷心のまま政府通知の相手・真田莉々奈と対面する根島。

画像引用:マンガボックス

国が彼の相手として選んだ真田莉々奈はとびきりの美少女でした。

しかし、心ここにあらずな根島に対し、莉々奈は不快感を募らせます。

根島の態度を叱責し、部屋を出て行った莉々奈を根島は追いかけます。

結婚に対し不安と恐れを持っていた莉々奈。

しかし決まったものは仕方ない、逃げたいのを我慢して覚悟してやって来た。

それなのに根島は莉々奈に興味すら持たない。

そら怒るのも無理ないわ。

この莉々奈ちゃん、可愛いだけでなく頭も良い才女なんですよね。

そして彼女なりに一生懸命根島に歩み寄ろうとしているんですよ。

その姿勢が可愛い。

そんな彼女の言葉に根島は誠心誠意謝ります。

そしてずっと上の空だった理由・高崎さんに嫌われてしまった事を話します。

そこで根島の恋に興味を持った莉々奈は、高崎さんとの恋物語を聞かせてほしいとせがみます。

「ロマンチック…ドラマみたい!」

そう二人の恋に感動した莉々奈は根島を退けた高崎さんの態度に疑問を持ち、高崎さんの本心を探る協力をすると約束しました。

莉々奈ちゃん可愛いけど、ちょっと変わってるよねwww

高崎さんがちょっと打算的な女の狡さも持ち合わせているのに対し、莉々奈ちゃんは純粋なまさに乙女といった印象ですね。

ビジュアル的に好みなのは莉々奈ちゃんの方です。

スポンサーリンク


「恋と嘘」第三話では高崎さんと仁坂の意味深な会話が!どういう関係?

莉々奈に放課後呼び出された根島。

それを親友である仁坂に話すと、根島の友人たちは彼の相手に興味津々です。

莉々奈の写真を見せると予想通り美少女の莉々奈をうらやむ声が沸き起こります。

画像引用:マンガボックス

そんな中仁坂は莉々奈への興味は示さずに「高崎さんも見る?」と声をかけます。

これには驚きを見せる根島。

画像引用:マンガボックス

高崎さんも不快そうに「は?なんで?」と仁坂に言いますが、仁坂は涼しい顔で「見たいかと思って」と言ってのけます。

「言ってる意味がよくわかんないんだけど」と冷たく言い放つ高崎さん。

後で根島は何故仁坂があんな事を言ったのか仁坂に問いますが、仁坂は特に意図はなかった様です。

そんな中仁坂は根島との出会いを語ります。

イケメンの仁坂ですから本人の意図とは別に女の子に好かれる事があります。

そんな彼に嫉妬した先輩によって仁坂が殴られそうになった時、たまたま通りかかった根島が警察に連絡し事なきを得たというものです。

ここで仁坂は話した事もない根島の事をちゃんと認識していました。

イケメンで人目を惹く仁坂ならまだしも、この時点で仁坂は根島を認識し庇う様な行為までみせています。

なので本当の根島と仁坂の出会いはまた別にあるのでしょう。

しかしこの高崎さんと仁坂のやりとり。

物凄くひっかかりますね。

放課後、根島は莉々奈の通う女子高へ赴きます。

しかし肝心の莉々奈とは連絡が取れません。

意を決して女生徒に彼女の所在を聞いてみると「ああ!サナダムシ!」との答えが返ってきました。

話しかけても無視するから、というのが「サナダムシ」の由来なのだそうです。

そんな彼女は体調を崩し保健室にいると聞かされます。

幸い莉々奈の容態は軽い熱中症だった様です。

思わず莉々奈に「サナダムシ」の事を尋ねる根島。

すると莉々奈は中学1年の2学期まで病気によってまともに学校へ通えなかった事。

そのせいか、空気を読めず周りの女子にうまく馴染めたかった事を打ち明けます。

しかし根島はそんな莉々奈だからこそ気兼ねなく楽に話せると言います。

その言葉に少し安堵する莉々奈。

帰り道根島は莉々奈に今日呼び出した理由を尋ねます。

それは高崎さんとの話を聞かせて欲しいというものでした。

しかし噂をすれば影、なんと高崎さんがそこに偶然通りかかったのです。

画像引用:マンガボックス

持ち前の探求心で高崎さんに接触を試みる莉々奈。

近場のファーストフード店で話すことになった高崎さんと莉々奈ですが、莉々奈は女子馴れしていないコミュ力の低さから「根島由佳吏の何が駄目だったの?今どう思ってるの?」と直球で尋ねますwww

すると高崎さんの答えは意外なものでした。

彼女は後頭部のつむじから始まり、体育の時の走り方まで根島の魅力を語りだしたのですwww

そして「今までずっと隠してたから、こんな風に誰かと話せるのすごく楽しい!」と莉々奈に笑顔を向けます。

そんな一生懸命話す高崎さんに莉々奈は「人を好きになるって素敵ね」と感銘を受けます。

すっかり話し込んでしまった二人はまた遊ぶ約束をして別れます。

画像引用:マンガボックス

ずっと隠れて二人を見守っていた根島に莉々奈は初めて女の子と楽しく遊ぶことができたと感動し、涙を流します。

やべぇ、莉々奈ちゃん超可愛いwww

個人的にこういう女の子との触れ合いに感動してしまう不器用系強気女子がどうも好みのタイプの様ですwww

カカオ79%の翼とかもそうですし(色々と真逆だけど)

カカオ79%についてはこちら:comico連載中の大人気漫画・カカオ79%が5分でわかるまとめ

素直で表情豊かな子は可愛い!

思わず「私、高崎さんの事好きなのかしら?」と呟く莉々奈を「キスしたいとか思わないだろ」と必死に否定する根島。

その勢いで根島と高崎さんがキスをした事が莉々奈にバレてしまいます。

しかし高崎さんの態度に合点がいかない莉々奈は「もう一度高崎さんとキスをすればいい」と根島に提案するのでした。

スポンサーリンク


高崎さんと仁坂の意味深な行動?「恋と嘘」第四話はキスの嵐

週末、根島は莉々奈の家に招かれます。

政府通知の相手である根島を快く歓迎する莉々奈の母。

しかし莉々奈の部屋には既に高崎さんが来ていたのです。

根島を見て帰ろうとする高崎さんでしたが、莉々奈に免じて気まずいながらも3人で過ごす事になります。

しかし蓋を開けてみれば男1人に女2人。

根島を置いて盛り上がる莉々奈と高崎さんに、根島は何故今日呼ばれたのかを莉々奈に尋ねます。

すると莉々奈は「由佳吏、アナタ美咲とキスしなさい」と根島と高崎さんにキスをするよう言います。

そんなことできるかと莉々奈に詰め寄る根島でしたが、高崎さんは違いました。

画像引用:マンガボックス

「しよっか、キス」

と莉々奈の提案を受け入れたのです。

そして二人は莉々奈の目の前でキスをします。

それを見つめる莉々奈。

冷静に考えると凄い光景ですよね…。

莉々奈ちゃんが寝取られに萌えたりしないかちょっと心配になってしまいましたwww

画像引用:マンガボックス

そんな莉々奈に高崎さんは「莉々ちゃんに根島くんのこと好きになってもらいたい。私じゃたぶん駄目だから」と告げ帰っていきました。

緊張の糸が切れへたり込む莉々奈は根島に「一日一回高崎さんとキスして!」と命じます。

翌日根島は仁坂と高崎さんが意味ありげに視線を交わすところを目撃します。

画像引用:マンガボックス

そして二人の間には何かがあるのかと仁坂に聞いてみようと思う根島でしたが、先に高崎さんの方から話しかけられます。

昨日莉々奈から何か言われなかったかと聞く高崎さんに、根島は一日一回キスしろと言われた事を打ち明けます。

驚きながらも莉々奈の提案通りキスをする高崎さんと根島。

これはいけない事なんだろうか。

これを恋じゃないと嘘をつくのはなんて難しいんだ。

そう思いながら何度もキスを交わす二人。

画像引用:マンガボックス

そしてそんな二人を仁坂は目撃したのでした。

スポンサーリンク


「恋と嘘」1巻描き下ろしは仁坂のキス

根島は聞き取りの為莉々奈をうちに連れてくるように、と母からメッセージを受信します。

昨日の今日で莉々奈に会うのはなんか気まずいし、何よりも莉々奈がこちらに来るまで時間がある。

そう考えた根島は仁坂にちょっと聞きたいことがあると話を持ち掛けます。

しかし仁坂はあいにく委員会の集まりがあるようですが、どのみち莉々奈が来るまで暇な根島は待っていると言いました。

莉々奈の言いつけ通り高崎さんとキスをした根島でしたが、これってどうなんだろう?

莉々奈に言うべきかどうか考えます。

しかし考えてもわからないし莉々奈に直接聞いてみようと思った根島は体育の疲れもあって机に突っ伏して眠ってしまいました。

委員会を終え、教室へと急ぐ仁坂と高崎さんはまたも意味ありげに視線を交わします。

急いで戻って来たものの、根島はすっかり熟睡している様子。

拍子抜けしつつも、正座して眠っていた根島の体制が面白くて一人笑う仁坂www

そして眠る根島の顔を見つめ

画像引用:マンガボックス

仁坂はそっと根島にキスをします。

BL(゚∀゚)キタコレ!!

しかも美少年攻の普通受とかめっちゃ好きな奴www

高崎さんと仁坂の視線の交し合いはライバルに対する牽制だったんでしょうか?

なんかそれ以上の意味がありそうなんですが…。

携帯のメッセージ受信の振動で目を覚ました根島。

目を覚ますとそこに仁坂がいたので「高崎さんとか好きだったりする?」と聞きました。

「何でそう思った?」と返す仁坂に「お似合いだから?」と言う根島。

「そうだったらどうする?」

そんな仁坂の言葉に狼狽える根島でしたが、仁坂の「嘘だよ」という言葉にあからさまに安堵します。

それでいいのか根島www

「この時の僕は沢山の物を見落としていた。恋を、愛を、嘘を」

そんな言葉で一巻は幕を閉じます。

恋には仁坂、愛には莉々奈、そして嘘には高崎さんがそれぞれ位置しています。

やっぱり高崎さんは嘘ポジションなんですね。

表紙の真実を「言わざる」に繋がっているんでしょうか。

次の話:「恋と噓」2巻のネタバレと感想:やっぱり気になる高崎と仁坂の関係

他のオススメ恋愛漫画はこちら

comico連載中の大人気漫画・カカオ79%が5分でわかるまとめ

「テラモリ」はマンガワンで人気のスーツ屋さん漫画!5つの魅力に迫る!

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280