【先読み】剣の王国149篇ネタバレ&感想:VSピノキオ

領主ハインツの秘書こそがピノキオでした。

その特殊なスペルの効果、そしてピノキオの狙いとは?

他の金曜日オススメ作品はこちら

前回までの話:剣の王国148篇ネタバレ&感想:コローディの闇

剣の王国第149篇あらすじ

アルフレドが起こした火事により壊滅に陥ったボンバイエサーカス。

エピソード詳細:剣の王国:ドロテーアの最期、そして…(第131篇~第136篇)

アルフレドに捕えられた団長以外の残党はとあるコローディの路地にいました。

画像引用:剣の王国

彼らに対し、責めるどころか無事を喜ぶ言葉をかけるピノキオ。

今日のショーに対しても賛辞と称賛の言葉を彼らに贈ります。

その言葉に思わずピノキオに抱き着き泣きじゃくるドリス。

そこには弱者をいたぶる残虐な蹂躙者ではなく、母親の期待を裏切ってしまい自分を責める子供の様な姿がありました。

彼らは一様にピノキオの恩を、期待を裏切ってしまった自分達を不甲斐なく思い、それが辛くて泣きじゃくっているのです。

そんな彼らをピノキオは労わります。

この10年コローディの代名詞と言えるほどに成長させたボンバイエサーカス。

そこに至るまでの彼らの努力。

それを一人ずつ労わり「よく頑張ったな、お前たち」と笑顔で言うピノキオ。

画像引用:剣の王国

その直後「最後は笑ってさよならしよう」とピノキオは彼らに死を下しました。

奴隷印のスペルの効果でしょう。

しかし団長の死亡時と違って、彼らは悲鳴ひとつあげません。

エピソード詳細:剣の王国139篇:サーカス団の真相

「ピノキオさんこれまで本当にお世話になりました」

「私、ピノキオさんに会えてよかった」

「どうかあなたも幸せになってください」

彼らの最後はどれもピノキオに対する感謝や幸せを祈るものばかりでした。

そんな部下たちの最後に涙を流すピノキオ。

スポンサーリンク


ダッカー隊長に吹き飛ばされ、庭で星空を見上げながらピノキオはそんな事を思い返していました。

「10年。形あるものはいつかは壊れる、それが自然の理だが」

起き上がりながら、ピノキオは自分の創り上げたサーカスの10年という歴史を思い返します。

それが長く続いた方なのかどうかは。

「いずれにしろあとは陛下の審判を待つだけだな」

そう思いピノキオは追撃してきたダッカー隊長とバネッサ副官に向き合います。

バネッサ副官はダッカー隊長の懐刀としてピノキオを倒すべく突進します。

そのまっすぐ向き合ってくる様子から彼女が耳栓をし、こちらのスペルを無効化していると判断するピノキオ。

しかし、ピノキオが捉えた彼女の耳には耳栓がありませんでした。

一方その頃メージは耳栓で遊んでいた。

「見てみたいじゃん、ピノキオのスペル」

そう言って手でもてあそぶのはバネッサ副官の耳栓。

おいこらメージ。

耳栓が無くなった事に狼狽えるバネッサ副官と、とっさに耳を塞ぐよう指示を出すダッカー隊長。

しかし時すでに遅し。

「エルフ女よ、お前の慕うトラの隊長は殺害された。その犯人は目の前の男だ」

そうピノキオは言います。

画像引用:剣の王国

その次の瞬間「貴様、よくもダッカー隊長を」そうバネッサ副官がダッカー隊長に対し剣を突きさしていたのでした。

スポンサーリンク


剣の王国第149篇感想:ピノキオのスペル考察

こうして考えると、ピノキオのスペルは幻覚というよりも洗脳系になるんでしょうか。

また「ダッカー隊長」ではなく「トラの隊長」と言った事から固有名詞だと認識してくれないとか?

そういう制約みたいなものはあるのかな?と思いました。

洗脳と言っても「ダッカー隊長を殺せ」とかでは無理なので、スペルをかける相手の人格はそのまま残り、自分の有利な状況を作り、相手を誘導させるスペルなんでしょう。

なんにせよ使うのに割と国語力がいりそうなスペルですね。

一応まとめてやったんで、メージはこれで満足してくれんかな(怒)

本当にこいつ好奇心モンスターだなぁ。

多分悪人ではないんだろうなとは思います。

善悪の判断を考えるよりも好奇心の方が大事とかいうタイプ。

ぶっちゃけ根っからの悪人よりもめっちゃ厄介なタイプなんでしょうね。

だから女王に視察行かされたんだったりしてwww

そしてピノキオ。

思っていた以上に重要人物っぽいですね。

「いずれにしろあとは陛下の審判を待つだけだな」

という言葉から、女王より直接なにか指令を下されてる様な気がします。

ボンバイエサーカスも女王の命で作られた可能性も大きいですね。

だから女王的にどちらにせよコローディの警備隊は邪魔だったのかもしれないですね。

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280