剣の王国139篇ネタバレ&感想:サーカス団の真相

団長がしきりに怯えていた理由が判明します。

そしてアルフレドはサーカス団の真相に迫るのでした。

他の金曜日オススメ作品はこちら

前回までの話:剣の王国138篇ネタバレ&感想:馬車の中の取引

剣の王国第139篇あらすじ

「なんで私がこんな目に…」

なおも恨み言を言う団長。

「教えてくれ、私は殺されるのか?」

そう問いかける様子に、アルフレドは彼を見下ろしながら言います。

「いいから少しは落ち着けよオマエ」

そんなアルフレドの言葉は団長には届いていない様で、彼はひたすら命乞いをします。

「お願いだ、助けてくれ。死にたくない」と。

挙句過去にアルフレドの家族か友人がサーカスの見世物になって恨んでいるのか、と見当違いも甚だしい上に更にサーカスの正当性を語ろうとします。

画像引用:剣の王国

「どうでもいい。お前はこの国の上層部に顔が利くのか?」

そうアルフレドは切って捨てます。

思わぬ方向からの質問に驚く団長。

ただ保身の為の頭はまだ正常に機能している様で、アルフレドの問いには「ただのサーカスの座長」と答えます。

スポンサーリンク


「バカにしてんのかよ」

アルフレドはそう言い、質問を変えます。

画像引用:剣の王国

「副座長ピノキオの階級は?」

その質問に「なんでピノキオさんの…」と馬脚を露す団長。

そしてアルフレドは「聞いてるのはこっちだ」とピノキオが貴族階級の子爵である事を団長から聞き出します。

それを見守るドロテーアとパンチネロ。

団長から入手した情報を元に、アルフレドはサーカス団の真相にたどり着きます。

団長は奴隷の身分でありながら『座長』の役を演じ、サーカスの興行自体は貴族が動かしていたのだと。

「惨めだなお前」

そう団長に言い放つアルフレド。

画像引用:剣の王国

団長は残る力を振り絞り、アルフレドの足を掴みます。

「お前ピノキオさんに何かするつもりか?」

そしてピノキオが自分たちに希望を与えてくれたんだと抗議します。

ですが、アルフレドはその悲痛な叫びすら歯牙にもかけません。

「手っ取り早く『上』に近づきたいだけだ」

そう言い放ちます。

そして国家が主導となり、娯楽としての流血ショーで不満のガス抜きをさせるサーカスの実態を『為政者の常套手段』と切り捨てるアルフレド。

そして奴隷印の少女から引き出した情報はピノキオという名前しかでてこなかったこと。

それがピノキオが特権保持者だとしか考えられないという事を話します。

スポンサーリンク


反論するかのようにアルフレドにてを伸ばす団長は突如電撃に襲われます。

それは奴隷が契約に反し境界を越えた事で発した奴隷印の電撃でした。

響き渡る団長の悲鳴。

助けてくれと命乞いをしながらも、なお団長は己の正当性を主張します。

私はこれまでショーを通して人々に訴えたかったんだ!

クズだった私を拾ってくれたピノキオさんがいたように!

この世界は本当は幸せと愛で溢れてるんだって!

画像引用:剣の王国

「あっそ、じゃあ笑えよ。幸せなんだろ」

そう呆れたように言い放つアルフレド。

息も絶え絶えになりながら「鬼畜が」とアルフレドを罵倒する団長。

アルフレドはもう見向きもしません。

ただ、ドロテーアだけが涙を流し、その光景を見ていました。

思わず「はぁ…マジかよ」と漏らすパンチネロ。

何事もなかったかのように馬車へ乗り込もうとするアルフレド。

画像引用:剣の王国

思わずその腕を掴むドロテーア。

その顔を一瞥し、アルフレドは吐き捨てます。

「どうなったっていいだろ。あんな奴」

こうしてアルフレドは馬車を出発させます。

なおも電撃に打たれ続ける団長を残して。

スポンサーリンク


剣の王国第139篇感想

ドロテーアがやっぱり美しいと思ってしまうんですよね…。

いやいや、だってあんな団長とかクソじゃないですか。

私だったら「ハッハwwwざまぁwww」ってなりますよ。

間違いなく言いますね。

でも散々理不尽に痛めつけられて、自分も虐げられた人の為に戦ったのに、それでもあんなクソの為にドロテーアは涙を流すんですよね。

心が美しいとかよりも、精神構造の回路が違う気がする。

ドロテーアの視界で世界を見たら、全然違って見えるんじゃないかな?と思いました。

そんなドロテーアの優しさが痛い。

自分が如何にゲスいかを思い知らされて痛い。

また団長は団長でスゲーわ。

よくここまで自分を正当化できるなぁってのもありますが、この状況で命乞いができるのが凄い。

私同じ状況で電撃喰らってたらむしろさっさと殺してほしいって思いそうです。

いや、死にかけた事ないんでそこはなんとも言い難いんですが。

まぁホント自分は散々やっといてよくそんな虫のいいこと言えるなぁって感心します。

まぁ扱う方からしたら、この位おめでたい頭の方が利用しやすいんでしょうね。

そしてパンチさんとアルフレドは今回もめなかったみたいで良かったですwww

地味にそこが一番気になってしまいました。

次の話:【先読み】剣の王国140篇ネタバレ&感想:追われる一角馬

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280