剣の王国138篇ネタバレ&感想:馬車の中の取引

「取引の話をしようか」

そうアルフレドは団長に話をもちかけるのでした。

他の金曜日オススメ作品はこちら

前回までの話:剣の王国137篇:女王様の日常

剣の王国第138篇あらすじ

「言われた事はやった」

そう力なく団長は言います。

「取引は終わっただろ?いつまで私を拘束するんだ?馬車はどこへむかってる?」

不安そうに聞く団長にアルフレドは言います。

「解放するとは言ったが、いつとは言ってない」と。

その言葉に声を荒げて叫ぶ団長。

「今の私には何の利用価値もないぞ!」

サーカス団がもう終わった事。

火事ですべて燃えてしまったから金もないこと。

そんな自分の現状を嘆き、団長はアルフレドの隣の娘に矛を向けます。

「なぁ娘さん、君からも…」

画像引用:剣の王国

しかし団長が見たのは『五部族の長の娘』を名乗るサーカスを台無しにした張本人でした。

「そうか、お前たちか私のサーカスを潰したのは」

そう全てを悟った団長。

ドロテーアはアルフレドにこれからどうするのかを尋ねます。

「トレンデルで夜汽車に乗り海峡を渡る」

そう次の方針を提示するアルフレド。

スポンサーリンク


「だがその前にお前について話そうか」

そう言ってアルフレドは今までの情報を整理します。

今現在ドロテーアは指名手配されてはいない。

オズ以外に初見でドロテーアを『銀細工の部族』と認知できた人間はいない。

だからと言って今後も安全が保障される訳ではない。

ドロテーアの父は先月捕まった。

女王のスペルによって銀の靴の持ち主は簡単に判明される。

やがてドロテーアは指名手配され、捕まるのも時間の問題。

救うどころではない。

画像引用:剣の王国

「だから先手を打った」

そうアルフレドは言います。

手配書が発行される前に民衆に情報を植え付ける。

銀細工師の部族長の娘は「死んだ」と。

サーカス場にいた観客たちが証人だ。

彼らが勝手に広めてくれる。

火事を起こしたのは『死の偽装』の為。

何人か女性客が焼死してくれれば、女王を恐れる街の責任者はそれをドロテーアとして扱うだろうと。

死人を指名手配なんてしないから。

スポンサーリンク


そう冷たく言い放つアルフレド。

その言葉にドロテーアはショックを受けます。

しかしこの男にはそれは関係のない話です。

画像引用:剣の王国

「いい加減にしてくれないか。馬車を止めてくれ」

そう団長は怯える様に言います。

早く馬車を止めろ、と。

コローディの境界が迫ってるのを察したのか、団長の怯えは大きなものになっていきます。

「もうだめだ」

そう団長が呟いた時。

「光芒の尾紐」

そうアルフレドはスペルを呟きます。

画像引用:剣の王国

そして団長は光の紐に引きずられ、馬車を突き破り外へ飛び出します。

馬車を下りたアルフレドは、団長の態度からこの辺りが境界だとあたりをつけます。

「約束は守るぜ。この世の苦しみから解放してやるよ」

そう団長に冷たく告げるアルフレド。

ドロテーアは状態が飲み込めず混乱します。

しかし、彼女に構わずアルフレドは言いました。

画像引用:剣の王国

「お前にもあるんだろ、奴隷印」

スポンサーリンク


剣の王国第138篇感想

そうそうこれこれ!

こういうのを待ってました!(2回目)

もう何というか、アルフレドの手の中で転がされてる感!

なんでそんなに何手先も見据えられるんだろうか?

こういう所ホントかっこいいなぁ~と思いますね。

そして最近丸くなってきた感がありましたが、やっぱり冷静さが残るアルフレド。

あっさりと「女性客が焼死」とか目的の為には手段を選ばない冷徹な一面が久々に見えました。

賛否両論あるんでしょうが、私はアルフレドのこういう割り切った所はかなり好感が持てます。

そして服は買うお金あるのに、靴は相変わらずなのねwww

ドロテーアはともかく、アルフレド新しい靴買おうよ。

でも敢えて買わないそこがいい!

もうね「先手を打った」とかカッコいい事言ってるのに、お揃いブーツを見せつけてるようにも見えるから困る!

いや、全然困らないんですけどね!むしろもっとやれ!

そして団長が吹っ飛ぶ時もさり気なくドロテーアを庇ってるようにしか見えん。

ってかドロテーアの新しい服もアルフレドが選んだんでしょ?

もう可愛すぎるんだけど!

やっぱり剣の王国にはそういう点も求めてしまいますわwww

次の話:【先読み】剣の王国139篇ネタバレ&感想:サーカス団の真相

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280