2巻収録話!?ROUTE END ルートエンド第15話ネタバレ&感想、考察:生死

帰りに立ち寄ったコンビニで遭遇した人物は五十嵐の弟・晶にそっくりでした。

彼を追いかけようとする五十嵐に春野は…

ROUTE END ルートエンド第15話あらすじ

連載されているジャンプ+についてはこちら

comicoリニューアル炎上で削除した人にオススメしたい漫画アプリ

また登場人物がごっちゃになるので雑な早見表を作りました

ROUTE END ルートエンド1巻を買ったので登場人物を整理する

前の話:ROUTE END 第13話:仮面の男のDNA

五十嵐晶に似た人物

踏切が上がるや否や、五十嵐は再び先ほどの晶に似た男を追いかけます。

そんな五十嵐に呼びかける春野。

「こいつですか!?」

五十嵐は春野に晶の写真を見せ、さっきの人物と同じなのか確認を取ります。

顔は似てると答えた春野の言葉に「晶だ」と五十嵐は断言します。

「晶って弟さんですよね?」

そんな春野の問いにそうです、と即答し捜さないとと焦る五十嵐。

画像引用:ジャンプ+

そんな五十嵐に春野は強く呼びかけます。

「五十嵐さん、弟さんは死んだってわかってますか?」

春野は五十嵐に遺体は火葬しましたよね?、骨上げもしましたよね?とひとつずつ確認をしていきます。

そして改めて五十嵐に言い聞かせます。

「だったら今の男は他人の空似でしょう?追う必要はない」

しかし五十嵐はなおも「生き返ったかも」と晶である可能性にすがります。

そんな五十嵐の気持ちを、自分だって学校から帰ったら母がまだいるんじゃないかって思ってたと共感しつつ春野は言います。

「そういうのに年は関係ないと思うし、馬鹿にするつもりもない。でもわかってるでしょう?」

そう、五十嵐だって本当はわかってる。

でもどうしようもなく馬鹿みたいな発想だけど、縋り付きたかった。

「生きている方を見といてください。生きているほうを」

そんな春野の説得に五十嵐も落ち着きを取り戻します。

五十嵐は春野にお礼を言い、もう大丈夫だと自分にも言い聞かせるように言いました。

そして二人は再び帰路につきます。

柳女が加藤との家に帰宅すると、加藤は電話中でした。

電話の相手は春野で、もう帰って来たという報告でした。

「何かわかったの?」

そんな柳女の問いに加藤は春野から聞いた話をそのまま伝えます。

「橘さん、橘さんじゃなかったって」

以前と違う日常

若狭はアウンの見積もりに難色を示していました。

例のEND床。

エピソード詳細:ROUTE END第4話:第3の被害者とその遺族

それの修復をすべく、見積もりを田中に頼んだのですがその金額は若狭の想像とは大きくかけ離れていたのです。

「こんなもんか?」

そう聞く若狭に田中は言います。

「はい、遺品整理と床の張り替えでその見積もりになります」

「春野くんにサービスでも指示されてんのか?」

田中はこれはアウンの基準額だと答えます。

「こんな見積もりじゃたいして儲からんだろ」

そう、田中の出した見積もりは若狭にとって安すぎたのです。

「もっと取ればいい、その価値のある仕事だろうに」

そう同じ経営者としての目線で語る若狭。

しかし田中は食っていくに困らない位の給料は貰えるし、価値を全て金で置き換えたら世の中が回らないと若狭にとってはゾッとする様な答えを返します。

明日春野と共に作業に入ると説明する田中に「春野くんもう帰ってきてんのか?」と聞く若狭。

その春野は帰って来るや仕事に精を出していました。

見積もりに来たアパートでは、未だ警察による現場検証が行われていました。

「でもほぼほぼ自殺なんですぐ終わりますよ」

そう依頼主であるアパートの大家は言います。

遺族も遠方の為、清掃費用も大家もちだと愚痴る大家。

そんな中、見積もり予定の部屋から遺体が搬送されます。

画像引用:ジャンプ+

その顔に見覚えのあった春野。

それは五十嵐と共に江崎の神社で見た自殺未遂者でした。

エピソード詳細:ROUTE END第5話:裏道に続く神社

もしもあの時ちゃんと呼び止めていたら、止められてたか?

言いようのないやるせない感情が春野を襲います。

「久しぶりだな、この嫌な感じ…」

そう呟き、同じ思いをさせない為にも五十嵐にこの事は黙っておこうと春野は思うのでした。

また柳女と加藤は二人で現場にいました。

どこか辛そうな加藤に柳女は心配して言います。

「一応春野さんは帰って来たから我慢しなくていいんじゃない?」

そんな彼女の言葉に加藤は頑なに答えます。

「そういう話じゃなかったろ?それとは関係なくちゃんと治したいって」

明らかに無理をしている様な風でしたが、加藤はそう言います。

しかし、柳女としては加藤の方が心配です。

「でもいきなりゼロっていうのも」

渋る柳女に加藤は言います。

「まだやらなくなって3件目の現場だ。平気だ」

そう強く宣言する加藤に「ならいいけど…」そう柳女は引き下がります。

橘と仮面の男の関係から、警察署では野口係長と管理官が話し合っていました。

『仮面の男』の予想似顔絵を公開するか否か。

誰も顔を見たわけではない。

そんなもので似顔絵を作成するのもな…と渋る管理官。

それには一卵性の三つ子とは言え成長の違いで印象が変わるだろうことも理由に挙げます。

世間に混乱を防ぐためにも三つ子の情報も今は伏せている。

その事も踏まえ、野口係長も似顔絵作成はやめた方が良いという意見です。

結果、世間には伏せた上で警察内で極秘扱いとしてパトロール様に似顔絵を作成する。

そういった方針が固まりました。

スポンサーリンク


不穏な夜

画像引用:ジャンプ+

柳女がシャワーを浴びている間、部屋に一人でいた加藤を不安感が襲います。

座っていても落ち着かない。

大事にしていた家族の写真。

それを一つずつ伏せていく。

なおも耐え切れない不安。

加藤はすがる様に江崎に電話をかけます。

「こんばんは加藤さん。どうされました」

相談した時と同じように淡々とした電話先の江崎に加藤は訴えます。

「今から30分後に予約できませんか?」

「それはもはや予約とは…」

そう渋る江崎に加藤は懇願します。

「お願いします。3回アレを我慢しただけなのに昔の不安が…」

そんな加藤の尋常でない様子が電話先の江崎にも伝わったのでしょう。

「わかりました。40分後になら」

そう答えた江崎に「ありがとうございます」とお礼を言う加藤。

画像引用:ジャンプ+

加藤を迎えるべく準備をする江崎。

その江崎の事務所に歩を進める足と充血した目。

これは加藤のもなのでしょうか?

柳女が部屋に戻った時、既に加藤の姿はありませんでした。

全て伏せられた加藤の家族の写真。

「えっ!なにこれ!?」

そう驚く柳女。

そしてテーブルの上には「カウンセラーの所へ行ってくる。先に寝ててくれ」と加藤の伝言が残されていました。

それを見た柳女の胸中には言いようのない不安感だけが残っていました。

「ROUTE END ルートエンド」第15話の感想:えっ!なにこれ!?

何ていうか、こうもう無事であるハズがない!っていう漠然とした怖さしかない!

ジャンプ+のコメント欄も「あの目怖い」とか「目ヤバい」といった感想が多かったですね。

また足元に側溝が映っていることから、側溝に潜んでいる奴がいるんじゃ…なんて予想もありました。

私個人としては目は加藤じゃなくて仮面の男じゃないか、って感想です。

橘社長も生前ってか第一話のラストでは江崎の神社を訪れていたので、江崎とは無関係じゃないハズなんですよ。

少なくとも加藤は仮面の男じゃないと思うしなぁ。

また加藤のカウンセリングも本当に改善の方向に向かってたんでしょうか?

逆に治療の最中、しかも初期段階だから色々事情も聴いたりしてるだろうし、治療前よりも過敏になってたりとかしないんでしょうか?

そういう段階で無理に我慢したりするからより悪化してるんじゃないかと。

ちょっとその辺も気になりました。

また第5話で自殺未遂を図っていた男が自殺したというのも気になる所ですよね。

ENDは描かれなかったけど、本当にエンドとは無関係なんでしょうか?

実はエンドが関係してるんじゃないかなぁ。

そして五十嵐の弟の自殺もそういった類のものなんじゃないかとか。

なんというか嵐の前の静けさ、という言葉がピッタリな回でした。

次回はめっちゃ話動きそうですよね。

あとやっぱ若狭好きだわwww

次の話:ROUTE END 第16話:柳女の闇

「ROUTE END ルートエンド」2巻の発売は9/4(月)!

画像引用:ジャンプ+

二巻の表紙は凛とした佇まいがカッコいい五十嵐です。

こうやって見ると、五十嵐はホントにヒロインというよりはもう一人の主人公ですね。

これが一巻でもなんか納得したかもしれない謎の説得力があります。

一巻発売の際もテンション上がりましたが、二巻の発売も楽しみですね。

作者の中川海二さんが在住の高知県では各書店でフェアが行われていたそうなので、今回もあるかもしれませんね。

畜生、去年まで住んでたのに!

こんな感じでROUTE END がずらーって再び並ぶ光景が見れるかもしれないですね!

三巻に収録されてるであろう、橘の故郷の風景とか結構高知っぽいんですよね。

その辺りもちょっと注視してみてください。

9月4日(月)発売!「ROUTE END ルートエンド」2巻収録話?

ROUTE END第7話:エンドとの対峙

ROUTE END第8話:怒り

ROUTE END第9話:橘社長の爪痕

ROUTE END第10話:居場所

ROUTE END第11話:「ド変態」

ROUTE END 第12話:橘の故郷へ

1巻と同じ6話掲載ならこんな感じですかね?

同じジャンプ+のマッチョグルメ単行本が7/4に発売されました!

マッチョグルメ1巻のネタバレと感想とジャンプ+の特別編

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280