【先読み】Re:LIFE171話ネタバレ感想:解決とささやかな疑問

ずっと言えなかった事。

それを話し、認めてもらった。だからもう大丈夫。

リライフの映画情報はこちら(3/26追記)

映画「Re:LIFE」前売り券&来場者特典情報アリ!2017年4月15日公開まであとわずか!

前の話:Re:LIFE170話ネタバレ感想:仲間がいるという事

リライフ170話あらすじ&感想

スポンサーリンク




これから先の事

「ありがと。話聞いてもらってごちゃごちゃしていた気持ちがだいぶ落ち着いた」

ひとしきり泣きじゃくった後、大神は言いました。

画像引用:Re:LIFE

「狩生にもちゃんと謝って話さなきゃ」

そう決意を新たにした大神を海崎と日代は優しく見守ります。

そんな大神に「こちらこそありがとうございました」と話す日代。

日代は悩んでいる大神の姿を見て、改めて色々と考えることがあった様です。

今までいい高校に行けば、いい大学に行ける。

いい大学に行けば、良い就職先がある。

そんな風に『将来』を描いていた日代。

しかし人生とはそんな簡単なものではない、それを大神の兄の話から改めて感じた日代。

そしてその上で言います。

「でもカズ君、将来に不安にはなっても悲観的にはならないでください」と。

スポンサーリンク




日代が感じた事

将来への分岐点に立たされている今。

色々悩んではしまうのは仕方ない。

でもここは未だ最終地点じゃない。

自分が思っている以上に世界は広い。

一見見当違いに思えても、進んでいくうちに見えてくる答えだってある。

悲観的な未来を決めつけて、下を向くのは勿体ない事だ。

もしもどこかで間違ったり、失敗したり、どうにもならないという位駄目になってしまっても、それを『いい経験だった』そう思える日はきっとくる。

「だから大丈夫です。きっと大丈夫です」

そう珍しく饒舌に語る日代。

そんな日代の姿に大神は吹き出します。

「何、日代さん。まるで一回もう人生経験しちゃった人みたい」

そう言って屈託なく笑う大神。

そう言われ、落ち込む日代でしたが頭のいい大神は日代の言葉をしっかり理解していました。

「でも、うん。ありがとう」

画像引用:Re:LIFE

少しはにかんで「スッゲー軽くなった」そう自分の気持ちを言葉にしました。

スポンサーリンク




そして未来へ

そんな大神の姿を見て、日代は言います。

「まだまだ人生これからです。頑張りましょう」

そう言って手を差し伸べる日代。

インドア系の大神はピンとこなかった様ですが、日代の様子を察した海崎は「お、やりますか」と大神の手を日代の手に重ね、自分の手のひらを大神の手に重ねます。

そして「ファイ!オー!」と気合を入れる海崎と日代。

しかし肝心の大神は「いった!肩外れる!」と騒ぎ出す体たらくwww

真面目に大神は将来の為にもっと運動を習慣に取り入れるべきでしょうwww

筋トレしようぜwww

濃密な時間も終わりはやって来ます。

海崎宅を後にしようとする大神と日代。

「じゃあ、ほんとありがと」

そう言う大神に海崎は「悪かったな」と謝ります。

「俺、大神の事情知らないで無責任なこと沢山言った。ごめん」

「やめてよ、俺がちゃんと話さなかったのが悪かったんだから」

そう応じる大神。

そんな彼に海崎はとっておきの言葉をプレゼントします。

「またいつでも来いよ。休み前なら泊まったって良いし」

この言葉には「え!マジで!それスゲー楽しそう!」とテンションの上がる大神。

「適度に息抜きしながら生きろよ」

そう言って海崎は二人を見送ります。

スポンサーリンク




沸き上がる感情と疑惑

画像引用:Re:LIFE

仲良く帰って行く大神と日代の姿。

それを見てなんかちょっと妬けるな。と思う海崎。

「俺も駅まで見送りゃ良かったかな」

そう少し後悔しました。

ですがここは現役の若者同士。

オッサンがしゃしゃり出てどうする、そう自分に言い聞かせます。

そこでふと海崎は気が付きます。

『何、日代さん。まるで一回もう人生経験しちゃった人みたい』

そう無邪気に大神が言った言葉。

確かに話の内容は女子高生にしては妙に納得のいく重みをもった言葉でした。

それは自分もかつて経験しているから同調できる事があるものだという事も。

「まさか、な」

そう海崎は自分の仮説を一蹴し、晩酌の続きをすべく部屋に戻るのでした。

他のオススメ作品はこちら

マンガワンでのNO1漫画はこちら

「テラモリ」はマンガワンで人気のスーツ屋さん漫画!5つの魅力に迫る!

img_2509 %e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
 

同じく老舗人気漫画だったももくりの最終回はこちら→comicoを代表するラブコメ・ももくりが最終回を迎えた件について

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280

  1. Hata-T より:

    Pukkori様 
    前回は名前を間違えてしまい、失礼しました。
    日代さんの言葉「将来に不安にはなっても悲観的にはならないでください。」
    「一見見当違いに思えても、進んでいくうちに見えてくる答えだってある。」
    「もしもどこかで間違ったり、失敗したり、どうにもならないという位駄目に
    なってしまっても、それを『いい経験だった』そう思える日はきっとくる。」
    余りに重い言葉で読んだ時には声が出なくなるほど応えました。
    自分の周りにこんな言葉を言ってくれる奴が一人でもいれば、現在の自分も
    まるで違った人生を送っていたと思える珠玉の言葉が並んでいました。
    リライフは重い内容、実社会の裏面を扱っていますが、珠玉の言葉が一杯です。
    リライフを拝読させていただき、本当に有難うございます。
    ダメダメな読者ですが、これからもよろしくお願いします。

    • pukkori より:

      >Hata-T様
      丁寧なお言葉ありがとうございます。
      本当にどの世代から見ても深い作品ですよね。

      まさにHata-T様の
      >リライフは重い内容、実社会の裏面を扱っていますが、珠玉の言葉が一杯です。
      というお言葉に作品の魅力が凝縮されていると思います。

      >前回は名前を間違えてしまい、失礼しました。
      こちらは全く気にしないでください(笑)
      プロフィールがわかりづらかったと思いますので(汗)

      感想ありがとうございました。