映画「ReLIFE リライフ」劇場来場者特典!書きおろし冊子のあらすじと感想【ネタバレ注意】

「失礼ですが、代々木体育館への道をご存知ないでしょうか?」

そんな彼女の行動に驚く男の子。

「え?何してるの?」

「お手伝いしようと思って。困った時はお互い様です」

さらっと言った風でしたが、実は彼女自身自分の言葉に驚いていました。

何故ならそんな言葉を言ったのは多分初めてだったから。

お姉さんはすぐに道を教えてくれました。

思っていたよりもすぐの場所で、修学旅行生の男の子もすぐにわかった様子。

「何かお礼がしたいんだけど」

そう言って紙袋からクッキーを取り出す彼。

「買い物をした時にもらったんだけど、持って帰るまでに割れちゃいそうだし…」

最初は断った彼女でしたが、彼の真摯さと、確かに彼の言う通りクッキーがバラバラになってしまうのは可哀想だと思い、受け取る事にしました。

「では、すいません。お言葉に甘えて」

そう受け取った彼女に、男の子も嬉しそうな笑顔を見せます。

「本当にありがとう!助かりました!」

そう言って彼は満足そうに笑いました。

最期にもう一度笑って、彼はお姉さんに教えられた道を行きます。

そんな彼の背中を見送り、彼女の手元にはクッキーが残りました。

そんなクッキーを彼女は普段の自分とは違う考え方、行動をとった自分へのプレゼントだと思いました。

それが彼女とバツネコの出会いでした。

まさかバツネコとはそんな長い付き合い何だとは思ってもいなかったですwww

スポンサーリンク




再会

お姉さんに教えてもらった道を行くと、すぐに目的地の看板が目に入った海崎。

さっきの女の子に声をかけて良かったなと思う海崎。

何となく彼女に声をかけたんだけど、落ち着いていたからひょっとして年上だったんだろうか?

タメ口になっちゃったけど大丈夫だったかな?

そんな反省を踏まえつつも、彼女への感謝の気持ちに変わりはありません。

そんな中、海崎は見覚えのある人物を見つけます。

「おや?さっきの方じゃないですか」

向こうも気が付いた様で、先に声をかけられます。

それは色素の薄い印象の、バツネコショップまでの道を教えてくれた男の子。

彼に今までのいきさつを話すと、またからかうように言ってきました。

「わぁ、本当にどうしようもない人ですねぇ」

「悪かったな!」

自然と素がでる海崎www

「ひょっとしてまた迷ってます?ここからの道わかりますか?」

そんな彼の言葉に大丈夫だと答えたものの、彼は言います。

「よく道に迷う人って大抵そういう風に言うんですよね」

返す言葉のない海崎www

しかし、今度ばかりは目的地も見えてるし大丈夫!

案内板を指さし、大丈夫だから、と念を押す海崎に彼も納得した様子でした。

「ありがとうな」

「いえいえ、どういたしまして」

そんな挨拶を交わして、男の子と別れた海崎。

彼の自然体の身軽さをカッコいいと思う反面、今の自分が悲しくなる。

また、あの笑顔も少し不安を感じる。

そう都会の、東京のカッコよさと怖さをちょっぴり知った海崎でした。

スポンサーリンク




【ネタバレ注意】Re:LIFEエピソード0ネタバレ感想:そんな歴史があったとは!?

何と言っても一番驚いたのはバツネコの歴史ですね!

ほぼリラックマさんとかと肩を並べる位のご長寿キャラだったとは!?

一応2007年誕生のサンリオキャラとかも調べてみたんですが、誰一人としてわからなかったwww

だからその辺には勝ってる訳なんですよ、バツネコは。

あ、マイメロのライバルキャラ(?)クロミちゃんが2005年誕生だったと思いますので、その位に位置するのかな?

そんな全国にオフィシャルショップがあるようなメジャーキャラだとは思ってなかったですwww

最近出たばっかのぽっと出キャラだと思っていてすいませんでした!

海崎の高校生の時については進路相談の時に出ていましたが、その辺と印象はほぼ一緒ですね。

エピソード詳細:Re:LIFE160話:やっぱり海崎は海崎だったwww

ここで都会への憧れを語っていた海崎でしたが、多分夜明の影響は大きいですよね。

本当に作者の夜宵草さんは夜明と日代好きだなぁwww

とは思いました。

並々ならぬ愛を感じますねwww

そして日代も付き合いでカラオケ行ったりするんですね。

一応人間関係に努力しているフシはあるんだなぁと思いました。

しかし、ここであんまり面白くないと思ったからコミュ障がドンドン重症になっていったんでしょうね。

この海崎が修学旅行生じゃなくて、例えば日代と同じ塾で道に迷ってるとかだったら、日代の人生も変わったのかもしれないですね。

また、裏面には作者の夜宵草さん、対談をされたW海崎の中川大志さん、小野賢章さんのサイン入りです。

中川大志さんの好きなシーンは夜明との出会いなんだそうですwww

夜明との出会いは個人的には原作より映画の方が良かったと思いましたが、中川大志さんの思い入れが伝わって来たのかもしれませんwww

小野賢章さんはお墓参りのシーンだそうです。

またお二方ともモノローグは苦労されたんだとか。

リライフ以外のオススメ作品はこちら​

img_2509 %e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

同じく老舗人気漫画だったももくりの最終回はこちら→comicoを代表するラブコメ・ももくりが最終回を迎えた件について

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280