【先読み】ナンバカ174話ネタバレ&感想:未だかつてない幼女率

南波刑務所の訪問から帰って来たシン様たち。

彼らを待受けていたのは、まさかの幼女でしたwww

ナンバカの舞台情報はこちら

舞台ナンバカ・超!脱獄歌劇「ナンバカ」!

舞台・超!脱獄歌劇「ナンバカ」キャストが決定!キャスト情報追加(6/21追記)

ナンバカが5分でわかるまとめはこちら→アニメ二期も決定したナンバカ人気の秘密は?その魅力を凝縮した5分でわかるまとめ

ナンバカの登場人物まとめはこちら→ナンバカの登場人物をWikipediaばりにまとめたYO!(ネタバレ有)

前の話:ナンバカ173話ネタバレ&感想:キジ様最強説www

ナンバカ174話あらすじ:珍しく幼女祭www

カーズにて帰還報告をするシン様。

「所長は今いないよ」

そう言ってシン様を迎えたのは日本刑務所総看守長の千両箱千金子。

画像引用:ナンバカ

なんと幼女です!

「お帰りシン、噂の南波刑務所どうだった?」

まぁまぁって所だな、と答えるシン様に南波刑務所への興味からいいなぁと羨ましがる千金子。

「お前は自分の仕事があるだろうが、まずはそれを片付けてからにしろよ」

そんなシン様の忠告に、お姉ちゃんたちが何とかしてくれるから大丈夫、と如何にも幼女らしい回答をする千金子。

良かった、紛れもなく幼女っぽい!

これで実はアラフォーとかの合法ロリだったらどうしようかと思ったwww

「ねぇねぇそれよりシンはいつ僕とデートしてくれるの?」

とこの千金子嬢はシン様にご執心の様子ですが、シン様はもう少しおしとやかで気立てのいい女になったら考えてやると軽くあしらいます。

そんなつれないシン様に千金子嬢はご立腹。

「今だって十分おしとやかで気品ある素敵なレディでしょ!シンのいじわる!」

そう実に幼女らしい仕草でお怒りです。

そんな幼女のワガママにこれから仕事だと、ドレッドを伴い逃げようとするシン様。

「シんってばこの子には優しい癖に、どうして僕には優しくしないの!?いっつも一緒に居てズルいよ!」

そう矛先をドレッドに変更する千金子嬢。

シン様は「部下なんだから別に一緒に居たっていいだろ」

そうドレッドをかばいますが、千金子嬢はそれがますます面白くなかった様です。

そんな風に敵意を向けられ、ドレッドも応戦の様子を見せます。

ここでまさかの幼女戦記が繰り広げられるのかと思いきや「全く騒がしいな、何をしてるんだお前たちは」そうカーズから通信が入ります。

通信先の相手に看守長が受け入れと第二の指令の実行を承諾したと報告するシン様。

「ですが良かったのですか?例の件を彼女に伝えなくて。奴の居所は彼女も知りたがってると思いますが」

そう伺うシン様に「今の百式には荷が重いだろう。610番の件はこちらでなんとかしよう」と通信先の相手は答えます。

「そーいえば南波刑務所にはそいつの息子ってのがいるらしいじゃん。シンはそいつ見てきたの?」

そう総看守長である千金子嬢が尋ねます。

「いや、今回は時間が無くて確認まではできなかった」

画像引用:ナンバカ

そう言ってからシン様は「ま、どうせ近いうち見れると思うけどな」と不敵に笑います。

楽しみだとニヤリと笑い、シン様は言います。

「あーあ、初めて女子刑務所ってのが惜しいって思ったぜ。『永遠の脱獄囚』と言われた男をこの手でねじ伏せて見たかったのによ。それができねぇのが残念だ」

そんなシン様の言葉に千金子嬢が続きます。

「ねぇねぇ、もし610番を捕まえたら次は僕のところ二収容してよ。僕が統括してからまだ一度も入ってないし、一族総出で歓迎するよ」

一族ってまた何か新キャラ出そうなフラグですね。

さっきチラッと出た千金子嬢のお姉さん達の存在も気になりますし。

「なんならその『息子』をこっちに移送してくれてもいいしね」

そう言って笑う千金子嬢に通信先の相手は答えます。

画像引用:ナンバカ

「そのうち…な」と

そんな事になってるとは知る由もなく、今日もジューゴは脱走してのんびり空を見上げていました。

「こらっ、そんな所にいると危ないぞ」

そう声をかけたのは大和。

驚き、思わず落ちかけるジューゴを素早くキャッチし「ほら言っただろう」と普段通り大和は豪快に笑います。

そんな大和にいきなり声をかけるから死にかけたんだと文句を言うジューゴ。

それに対し大和は言います。

「こういう危険な場所に近づいてはならないと、ご両親から教わらなかったのかな?」

そんな大和の何気ない質問にジューゴは「ご…りょうしん?」と反芻します。

「なんだそれ?」そう心の中で思うジューゴ。

生まれてからずっと一人だったのか、ジューゴにはそういった概念がない様です。

話を逸らす様になんでここにいるのかとジューゴは大和に尋ねます。

それに対しジューゴを探しに来たのだが、迷って昼になってしまったと大和は馬鹿正直に説明します。

その相変わらずの方向音痴っぷりに「その内ハジメ以外にも怒られんぞ」と呆れた様に忠告するジューゴ。

画像引用:ナンバカ

「うむ、そうだな。すまない」

そう大和は普段とは違って静かに答えました。

そのころハジメが急な会議で呼び出され、自分しかいない状況で星太郎は不安を抱えていました。

「15番君のこと副主任に任せちゃったけど大丈夫かな…」

そう思いつつも、方向音痴の大和の事道案内とかできないし仕方ないか。

そう自分を納得させつつ、星太郎はハジメに急に頼まれた来客を迎えに受付へと向かいます。

詳細は聞いていないが、初めて来る人らしいとは言っていたので星太郎はこうして迎えに来たのでした。

受付で来客が来ているのか尋ねる星太郎。

「ねぇアナタ13舎の人?」

そんな星太郎は背後から声をかけられます。

思わず「え?あ、はい」と答える星太郎にその人は言いました。

「じゃあ早く案内してよ」

思いのほか幼いその来客と思しき人物に星太郎は聞き返します。

「えと…君は…?」

画像引用:ナンバカ

「五代撫子」

そう彼女は名乗りました。

まさかの幼女!

まさかナンバカでこんなに幼女が出るなんて!!

スポンサーリンク


ナンバカ174話感想:ナンバカまさかの幼女祭!

いやいや、まさか1話に2人も新幼女が出てくるなんて!?

初めてではなかろうか。

千金子嬢のお姉様達もだし、新展開になって女性キャラが増えましたね!

個人的に双又翔さんの女性キャラは可愛いので楽しみです!

いや、男もですけど、色気があっていいですよね!

幼女は幼女で可愛いですがwww

しかし新キャラで幼女が来たという事はショタも増えたりするんでしょうか!?

いや双又翔さんのキャラは老若男女マッチョ問わずオイシイですけどねwww

しかし最初読んだ時撫子嬢は大和の妹かなんか本家の従兄妹とかだと思ってました。

何か大和の家って格式高くて本家とか分家とかありそうなイメージないですか?

私はありますwww

次の話:ナンバカ175話ネタバレ&感想:大和の家族

ナンバカに続いてミイラの飼い方がアニメに!

ミイラの飼い方アニメ情報はこちら

comicoのミイラの飼い方がアニメ化!?放送日はいつから?声優情報は?

ミイラの飼い方については当ブログではポムポムプリンとのコラボについて何回か取り上げました。

ミイラの飼い方パネエ!クレーンゲームから、ポムポムプリンコラボまで!

ミイラの飼い方のクリスマスがパネエ!ポムポムプリンやアースとのコラボも!

ミイラの飼い方×ポムポムプリンのぬいぐるみがクレーンゲームに!またもブームの予感!

大阪・梅田のポムポムプリンショップ内にミイラの飼い方コーナーがあったので行ってみた

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280