【先読み】ナンバカ172話ネタバレ&感想:世界管理機関[カーズ]

カーズの指令、それは必ず守らなければならない。

シン様が伝えるその内容は訳アリ囚人ににジューゴとムサシをぶつけるというものでした。

ナンバカが5分でわかるまとめはこちら→アニメ二期も決定したナンバカ人気の秘密は?その魅力を凝縮した5分でわかるまとめ

ナンバカの登場人物まとめはこちら→ナンバカの登場人物をWikipediaばりにまとめたYO!(ネタバレ有)

前の話:ナンバカ171話ネタバレ&感想:看守長たち

ナンバカ172話あらすじ:百子可愛いよ百子www

この度送り込まれてくる訳アリ囚人にジューゴとムサシをぶつけろ、そのカーズの指令にはジューゴとムサシについて十分なデータを収集する意味もありました。

それを説明するシン様に看守長は疑問を抱き、それが本当に上からの命令なのか、これでは実験じゃないかと異を唱えます。

画像引用:ナンバカ

そんな看守長にシン様は警告します。

「俺たちは上には逆らえないって言っただろ?それに今のお前が上に意見を言う資格ないはずいだ」

犯罪が増えるこの社会の中で、捕えた罪人を管理する人手は十分とは言えない。

囚人たちの監視不足による暴動や脱獄の被害は甚大だ。

その監視不足解消の手段として作られたのが世界管理機関[カーズ]

この組織の目的は絶対的な[管理]

その粋を結集して作られたのがこの[南波刑務所]

国、法律を超越した新組織による最強の刑務所。

ここでは年齢、国籍、罪状関わらず全て[カーズ]によって選別され収容される。

世界の刑務所・囚人は[カーズ]によって管理されてると言ってもいい。

そして自分たちはその選別された人間の監視をする、ただそれだけだとシン様は言います。

非合法や不合理などという考えは大きな間違い。

自分達もまた[カーズ]の意思によって管理される存在だというシン様の言葉に、看守長は指令を承諾します。

「ただしやり方は私が決めさせてもらう」

その看守長の言葉にシン様は「ご自由にどうぞ、奴らがぶつかればなんでもいい」と返し、再び看守長をティータイムに誘います。

しかし、そんな中看守長室にまで響く轟音と振動。

「どうやらうちの犬とお前の犬は相性が悪いらしい」

そうシン様は音の発生源を察し言いました。

「血の気の多いペットをもつとお互い苦労するな」

画像引用:ナンバカ

その言葉通り、南波刑務所屋上にて犬士郎とシン様の従者・ドレッドがドンパチの真っ最中でしたwww

何だかんだでこの状況には馴れっこなのか、主への忠誠を賭けて真剣に戦う二人をよそにみっちゃんもキジ様も涼しい顔www

近所の野良猫のケンカ見てるくらいの感覚でウォッチングしてますwww

お互いに確認事項や相談があったのに、これじゃ行けないねーと愚痴り合うキジ様とみっちゃんを尻目に看守長に確認資料を持って行こうとするのは我らがハジメ。

それを目ざとく見つけ「今看守長は急な来客対応してるの、後になさい」と注意するキジ様。

流石南波刑務所のオカンwww

画像引用:ナンバカ

しかしそこは我らが双六一。

「何で俺が急な来客に合わせなきゃならねーんだよ、こちとら時間厳守なんだっつの」

何この発言www

必ずしも社畜メンタルと空気を読むスキルってのは一致しないんですねwww

こいつ仕事人間のくせに接待とかやらせたらアカンやつやwww

これにはキジ様も「空気読め」の一言www

そうとは知らず看守室。

シン様は看守長をティータイム後のダンスに誘いますが、看守長は断固拒否www

さっさと帰れとシン様を無碍にします。

自称・豪華絢爛眉目秀麗パーフェクトプリンスのシン様はそんな看守長の塩対応に「既に好きな奴でもいるとか?」と聞きます。

画像引用:ナンバカ

その結果がこれだよwww

わかりやすっ!

にも関わらず「お前には関係ない」の一点張りな看守長。

この対応にシン様も看守長の好きな相手に興味津々。

「まさか俺よりイイ男なんてことねーよな」

そう笑うシン様の前にハジメが空気を読まずに資料を持ってきました。

急なハジメの登場にご機嫌ナナメのシン様。

「あ?誰だてめぇ。今は取り込み中だ」

と退けようとします。

これがまぁ普通の対応ですよね?

ところがそこは恋する百子。

「す、す、双六一っ!ごごごご苦労であった」

そうシン様をアッパーでぶっ飛ばし、愛しのハジメが自分の為に作ってくれた資料を大切に受け取ります。

床にぶちのめされたシン様は看守長である自分に挨拶もしない、完全シカトのクソゴリラに対して怒り心頭。

「ミス百子!アイツは一体何なんだ、教育がなってねぇぞ!」

そう怒鳴りつけます。

画像引用:ナンバカ

でも恋する乙女の前にそんな言葉は届かない!

あのカッコいい双六一が会いに来てくれた!

あのカッコいい双六一が書類を作ってくれた!

あのカッコいい双六一が声をかけてくれた!

それだけが今百子の胸を満たしていたのです!

画像引用:ナンバカ

そんな看守長の姿に「この女趣味悪いぃぃい」とシン様は思うのでしたwww

スポンサーリンク


ナンバカ172話感想:ハジメorシン様

私はシン様ナルシストだし、適度にキモいから好きなんですけどね~。

ハジメと比べるとやっぱハジメかな?

ハジメはマッチョだしゴリラだし最高だぜwww

そう言う訳でシン様には悪いけど、私も看守長と同じくハジメ派ですねwww

でもそんなハジメが好きな看守長がもっと好きwww

看守長可愛いよ看守長。

今回めっちゃ乙女でしたね!

ぶっちゃけ猿鬼編で出番なかったんで、看守長が出てくるとめっちゃ嬉しい。

ドレッドの方は今のところあんまり興味ないなぁ…。

赤ずきんちゃん好きなんですけどね。

次回予告によると、来週も南波刑務所の受難がシン様に襲い掛かりそうな予感でいっぱいですwww

シン様も色々煽り耐性なさそうだから心配www

ストレスでティータイムの紅茶をノンカフェイン仕様にしなきゃいけない様にならない為にも頑張って耐えていただきたい。

割と真面目な新キャラが一通り煽られるのは最早ナンバカの新キャラの通過儀礼みたいなもんですね。

逆に濃い新キャラの場合はドン引きエピソードが用意される感じですがwww

新しく来る囚人はどっちのパターンなんですかね?

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280