ナンバカ165~167話ネタバレ&感想:VSイナバ戦

兎万兎の放った刺客・最強ロボイナバ。

イナバにはハジメの打撃も効きません!

迫りくる出勤時間、ハジメはイナバを攻略できるのか!?

ナンバカが5分でわかるまとめはこちら→アニメ二期も決定したナンバカ人気の秘密は?その魅力を凝縮した5分でわかるまとめ

ナンバカの登場人物まとめはこちら→ナンバカの登場人物をWikipediaばりにまとめたYO!(ネタバレ有)

前の話:ナンバカ164話ネタバレ&感想:vs最強の警備ロボ

ナンバカ165~167話あらすじ:イナバてんこ盛り

打撃の効かないイナバに対しストレス解消とばかりに壁にブン投げるハジメ。

しかしその程度の衝撃ではイナバを破壊することはできません。

反撃するイナバの武器、それは犬士郎のムチ、キジ様のチャクラムを模したもの。

その攻撃バリエーションにハジメは瓦礫をイナバに砕かせ、それを打ち返す事で弾丸の様な攻撃を仕掛けます。

しかしそのハジメの作戦を破ったのはまさかの流河の芭蕉扇でした。

風による攻撃の無効化を仕掛けるイナバ。

そんな中ジューゴは流河との戦いを思い出していました。

あの風は厄介だったけど、自分の枷の力で切ることができた。

ひょっとしてあのロボにも通じるのではないかと。

俺ならやれる、そう思ったジューゴはイナバに切りかかります。

しかしそれも兎万兎の計算済み。

TMT-178号モードαによってとめられてしまいます。

画像引用:ナンバカ

このイナバαなんですが、個人的にはメダ○ットみたいでカッコ良くて好きですwww

兎万兎のデータの仕入れ先は5舎騒動時のキョンシーロボから。

そこで得たデータを元に対ジューゴ用にイナバαを作り出したのです。

スポンサーリンク


そのイナバαは試作段階であり、攻撃を仕掛けたものを認識し反撃をするというシステムになっていてジューゴにも容赦なく攻撃を浴びせます。

モードが変わった事によって打撃が効くと判断したハジメはイナバαに殴りかかり、イナバαはその攻撃を避けました。

それはハジメの攻撃をイナバαが危険だと判断した上での行動。

それを踏まえてハジメはイナバαであれば自分の打撃で破壊できると確信し、殴りかかります。

画像引用:ナンバカ

すると対ハジメ用の衝撃吸収型イナバβに素早くモードチェンジ。

ジューゴの攻撃にはイナバα。

ハジメの攻撃にはイナバβ。

その臨機応変なイナバの対応に兎万兎はすっかりご満悦。

更にジューゴに攻撃を仕掛けるイナバαにはロックの格闘スタイル、ウノの勘の良さ、ニコのトリッキーな動きもデータに組み込まれている様で、ジューゴは苛立ちを募らせます。

出勤時間を前に焦るハジメとイナバに苛立ったジューゴ。

画像引用:ナンバカ

二人は打倒イナバの為に手を組む事にします。

スポンサーリンク


ムサシの炎を模したイナバαのメガロフレイム。

流河の芭蕉扇の風に模したパワードサイクロン。

画像引用:ナンバカ

その二つの力をジューゴは受け止め、その刀身にチャージします。

その複合技はイナバαのものよりも威力を増大させ、イナバαに襲い掛かります。

しかしそこは兎万兎の最高傑作・イナバα。

ジューゴの攻撃もしっかり相殺します。

その瞬間を狙って繰り出されるハジメの拳。

すかさずイナバβにモードチェンジするも、ハジメの拳は寸止め。

そのデータにない行動に隙が生まれるイナバβ。

次の瞬間、ハジメの背後からジューゴが飛び出し、イナバβに斬撃を見舞います。

「機械は進化するが、自らは成長はしない。それができるのは人間だけだ」

対イナバについてハジメに戦術を聞いた時、ハジメの言った言葉がそれでした。

相手が強ければ、速ければ、自分はその上をいくだけの事だと。

そんなハジメの言葉を思い出し、イナバに襲い掛かるジューゴ。

前に進む、立ち止まる訳にはいかない。

画像引用:ナンバカ

二本でダメならば、十本に増やせばいい。

そうジューゴは腕だけでなく、指を刃に変形させ獣の爪のようにイナバを引き裂きました。

その隙を見逃さず、怯んだイナバαにハジメのラッシュが襲い掛かります。

スポンサーリンク


残念ながら兎万兎の最高傑作イナバは爆散してしまいました。

この事件の発端が兎万兎だと確信したハジメは監視カメラに向かって言いました。

「見てんだろクソウサギ。今回の件を上に報告してみろ、次はてめぇがこうなる番だからな」

モニター画面越しのハジメの脅迫に兎万兎は「ふーんだんな脅しが俺様に通じるとでも思ってんのかよバーカバーカ」と捨て台詞を吐いて帰って行きましたwww

データを送っとけと言われたみっちゃんでしたが「こういうのは見なかった事にするのがイチバン♪」と速やかにデータを削除します。

流石みっちゃん男前!

打倒ハジメを新たに誓う兎万兎。

今回の実験でジューゴに対してもより興味が沸いた様でした。

そして証拠隠滅とばかりに13舎地下通路の自爆スイッチを押します。

爆破まであと5分というアナウンスが流れる地下通路。

しかしハジメの心配は依然爆破時間より出勤時間でしたwww

さっきの戦闘の疲労で瀕死のジューゴをよそに「もう上にぶち抜けば出られんだろ」と力押しでいく事にしたハジメwww

画像引用:ナンバカ

そのハジメの力押しが功を奏し、無事12分前に看守室の床から出勤する事に成功しましたwww

この後ジューゴは無事13房に戻されましたwww

スポンサーリンク


ナンバカ165~167話感想:イナバのデザインはかなり好きwww

今回更新が遅れてしまってスイマセンでした。

ちょっとナンバカのバトルシーンは上手くまとめられなかったので、今回の様に何話かいっぺんにまとめる方式を今後も使っていくと思います。

ご了承ください。

バトル物とギャグはまとめるの難しい。

しかし無事にハジメが出勤出来て良かったですwww

実質地下通路うろうろしてたのって1時間くらいなんでしょうか?

イナバ戦は20分くらいなのかな?

でもまぁ20分って実際の戦闘時間で考えるとけっこう長いですよね。

ソースはプロレスの試合時間ですがwww

個人的に好きな試合ってこれくらいの時間が多いしwww

そしてイナバαのデザインはメダ○ットっぽくてかなり好きですね~。

最近90年代のおもちゃとかゲームが再燃してるから、メダ○ットも再びブーム来ないかな?

来たらイナバαモデルに作りたいですねwww

イナバβも動けるデブっぽくて萌え要素ではあるんですが。

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280