【先読み】ナンバカ161話ネタバレ&感想:星太郎と後輩と休憩室

心休めるひと時、休憩。

それは勤務時間中のオアシスとも言えるべき存在ですが…

ナンバカが5分でわかるまとめはこちら→アニメ二期も決定したナンバカ人気の秘密は?その魅力を凝縮した5分でわかるまとめ

ナンバカの登場人物まとめはこちら→ナンバカの登場人物をWikipediaばりにまとめたYO!(ネタバレ有)

前の話:ナンバカ160話ネタバレ&感想:富士さんと草津の愛溢れる過去

ナンバカ161話あらすじ:本部の休憩室

働けば休憩時間も必要。

それは南波刑務所も例外ではありません。

休憩行ってきてもいい、そうハジメに言われた星太郎は今日は気分を変えて本部の休憩室へ行くことにしました。

結構人が多くて賑わう休憩室。

座れる席を探す星太郎でしたが、急にぶつかられてしまいます。

画像引用:ナンバカ

ぶつかったのはこちら顔面偏差値「4点」の九力。

「邪魔だよ星太郎」

とは言うものの、六力曰く「わざと」

ぶちまけた書類を拾い集める星太郎ですが、一緒にひらってくれる心優しい同僚もいました。

法月です。

「僕に敬語は必要ないですよ、後輩ですから」

そうにっこり微笑む法月。

どうやら星太郎は人見知りの対象外の様です。

良かったね、きっと法子お姉ちゃんも安心してるよ。

スポンサーリンク




星太郎相手だと話しやすいのか、疲れが見える星太郎に「いつでも力になりますから、気軽に5舎に来てください」と優しい言葉をかける法月。

その言葉に思わず感動の涙を流す星太郎。

なんか似たようなシーンこの前見たなぁwww

多分これです:ナンバカ159話:祝!4舎の看守がイケメン揃い!

法月君はいい子だなぁ…。

そう法月の優しさに浸る星太郎は、ふとフワフワした柔らかなものに包まれてるのを感じました。

「気持ちいいなぁ」

画像引用:ナンバカ

その感触に癒されていると、その極上毛並みの持ち主は言いました。

「星太郎君、私の毛並みに何か?」

はい!出ました!4舎のイケメンワンコ!

今度はシェットランド・シープドッグの二の花桔梗さんです!

もう最近4舎の新キャラが悉くツボなんですけどwww

そしてダルメシアンの柊様も星太郎の書類を一緒にひらってくれました。

「仕事熱心なのはいいけど、今は休憩時間なんだからゆっくり休んだ方がいいよ」

そう言葉を添えて。

やっぱり柊様カッコいいわ~。

その優しい世界に感動し、再び号泣する星太郎でした。

スポンサーリンク




座る席を見つけ、法月と談笑する星太郎。

そこへ「アナタ方も中々に素質がありそうですね」とアハト姐さんがスカウト声をかけます。

「ほんとお二人はあの舎には勿体ないですわ。あんな野蛮な舎よりこちらの3舎に来ては如何ですか?」

確かに野蛮かもしれない、と思う星太郎。

法月は「別に野蛮じゃないですよ。みんな尊敬できるいい人たち」とフォローします。

でも向き不向きで考えたら、絶対3舎の方が向いてはいると思うwww

そして野蛮じゃないと言ったものの…

画像引用:ナンバカ

休憩中の5舎の面々はどう見てもやからwww

多分猿門が居ても同じような感じだと思います。

猿門は帰る前に片付けそうだけど。

猪里に関してはここぞとばかりに喫煙所に入り浸り、いつもはずれた馬券や宝くじを巻き散らかして帰るという完全に場外馬券場のオッサンwww

これには法月も確かに元ヤン多いし、よくパシリにされると反論できないwww

でもきっと本当は真面目でいい人たち…そう健気に現実逃避する法月に星太郎は「他人事とは思えない」とシンパシーを感じるのでした。

スポンサーリンク




そんな二人を見つけ、駆け寄ってきたのは仁志でした。

手作りのクッキーを振る舞う仁志。

和気あいあいとクッキーについて話す法月と仁志を見て星太郎は平和を噛みしめます。

しかし平和には終わりがくるもの。

突然5舎の九力と八力、六力が暴れ始めました。

画像引用:ナンバカ

なんと事もあろうか、九力はプロレスをただの喧嘩、クソダッサイとディスり始めたのです!

これには元レスラーの八力も怒りの獣神。

「お前にプロレスの何がわかる!ド素人が好き勝手ぬかすな」と反論します。

くっそ、九力絶対許さん。

そして六力は「マラソンはただのランニング」とやり返します。

そうだそうだ、もっと言ってやれ。

なお私はサッカーには興味がないので割とどうでもいい。

こうして各人競技に対する威信をかけての決戦の火蓋が切って落とされようとしていました。

必死にまったり休憩回を死守すべく三人を止めに入る星太郎。

とりあえず死ぬまでにはいかなかったみたいです。

画像引用:ナンバカ

なお大仙ズは法月が止めました(物理)

スポンサーリンク




ナンバカ161話感想:九力絶許

おのれ九力。

4点のくせにプロレスディスりやがって…絶許。

そして5舎のやから感パネエwww

何でこんなに単細胞なの?

何でこんなに煽り耐性ないの?

ホント囚人側は割と冷静な奴ばっかなのに(煽り耐性はないけど)

しかしまた4舎のイケメンワンコ様がでてきてくれて眼福でした。

どこか見学できるとしたら個人的には4舎一択ですwww

個人的にはやっぱ柊様が一番好みですね。

うちにもワンコがいるのですが、パグなんで剣の王国の方で活躍していました。

うちのパグは4舎看守は務まらないだろうなぁ…www

でも「うちの犬看守コンテスト」みたいな企画されたら絶対応募しますwww

次の話:ナンバカ162話ネタバレ&感想:暇を持て余したみっちゃんとうさちゃんの遊び

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280