マッチョグルメ第5話ネタバレ&感想:とあるボクサーのお話

最近忙しいせいかマッチョグルメが早くやって来た気がして嬉しいwww

今回はとあるボクサーの話になります。

マッチョグルメについてはこちらでまとめているので参考にして欲しい。

隔週連載だけど多分次回のマッチョグルメ更新くらいまでは忙しいからすぐに感じるハズ!

ジャンプ+についてはこちら→comicoリニューアル炎上で削除した人にオススメしたい漫画アプリ

前回の話はこちら→マッチョグルメ第4話ネタバレ&感想:ついにマッチョ×スイーツキター!

【ネタバレ】マッチョグルメ第5話:不死鳥と呼ばれた男

プロボクサー・芦田丈二

画像引用:ジャンプ+

ボコボコに腫れ上がった顔、瘦せこけた頬。

「…畜生っ…」

少し俯きながら彼は小さく呟きました。

彼の名は芦田丈二。

『不死鳥』の異名を持つプロボクサーです。

しかし36歳と言う年齢から勝ち星を挙げられず、彼はもがき苦しんでいました。

さっきの試合でもそうだった。

若い対戦相手の言葉が蘇ります。

「無理しなさんな、ロートルさんよ。そろそろ諦めちまいな」

だが自分は『不死鳥』だから次こそは必ず…。

そう決意を固める芦田。

「今日のボクシング見たか?」

そんな芦田の耳に道行く若者の声が聞こえてきました。

「ああ、また負けてたな『不死鳥』」

相方の男が答えます。

「そろそろ年だし諦めちまえばいいのにな」

他意のない若者たちの言葉。

その言葉に芦田は今まで避けていた考えを蘇らせます。

「…ここが俺の限界なのか…」

そう一人、芦田は呟きました。

スポンサーリンク




不死鳥とマッチョの出会い

とある静かな居酒屋。

芦田は一人盃を傾けます。

祝杯とはいかなかったものの、勝てない自分への苛立ちや焦りを慰めてくれるのも、また酒でした。

画像引用:ジャンプ+

そんな中、一人の客が案内されてきました。

一目でただ者ではないとわかる、超密度の筋肉。

その圧倒的な佇まいに、プロボクサーの自分から見ても惚れ惚れする太い腕。

一体どうやって創り上げた…?

そんな彼が何を注文するのかが気になって、芦田はその男・天王寺を凝視します。

その鋭い視線を感じてか、天王寺は芦田に笑いかけます。

気付かれてしまったか。

流石に不躾だったかと天王寺を凝視することをやめた芦田。

また少し、ちびちびと盃を傾ける事にしました。

スポンサーリンク




不死鳥、驚愕する

「お待たせいたしました」

やや気まずい空気を晴らす様に天王寺の元に料理が運ばれてきます。

画像引用:ジャンプ+

芦田はその雑多な食事内容を見て驚きます。

これはどう見てもその見事な身体を作り上げる為の食事ではない。

何の規則性も感じられず、ただ気の赴くままに注文しているとしか思えない。

あんなに好き勝手食べてあの体が保てるのか!?

そう驚愕する芦田。

もうおわかりですね。

そうです。チートディです。

チートディに関してはこちらを参考にしてください。

・マッチョグルメの肝・チートディとは?

しかし天王寺は芦田の視線など意に介さず、実に美味そうに刺身を口に運びます。

一口食べるごとにポーズを決め、まるで少年の様な笑顔で食事を楽しむ天王寺。

その心から食事を堪能する天王寺の姿に、芦田の胃袋も刺激された様で芦田はゴクリと唾を飲み込みます。

スポンサーリンク




とあるボクサーの話

画像引用:ジャンプ+

「一杯やるか?」

そんな芦田の視線を感じ、天王寺は芦田に声をかけました。

「…と言ってもこれはウーロン茶だがな」

そんな天王寺の言葉に、芦田はこの男に全て打ち明けてしまいたいという衝動にかられました。

天王寺の隣席に移動する芦田。

「これはとあるボクサーの話だ」

そして芦田は話し始めました。

そいつは何度倒れても立ち上がる諦めの悪い男だった。

タイトルを取るまでにはあと一歩届かない。

そんな中堅のボクサーだった。

彼はそんなうだつの上がらない現状を打破すべく、階級を落とした。

だが無理な減量は彼の実力も下げてしまった。

結局戦果は上がらず、時だけが過ぎて行った。

「今じゃそいつは歳だけくった老兵さ。笑えるだろ?」

そう自嘲する芦田。

画像引用:ジャンプ+

「全く笑えんな」

天王寺は静かに言いました。

その選手なら私も知っている。

『不死鳥』の異名を持ち、不屈の精神と果敢に挑戦する熱い心を持ったボクサーだと。

「私の好きな選手だ」

そう天王寺は言いました。

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280