きみのこえ。最終回ネタバレあらすじ&感想

ついに最終回!

ユウヒとイチカの未来。

「きみのこえ。」のまとめ記事から順に読むと話が繋がります。

まとめの続き→きみのこえ。131話までネタバレあらすじ&感想

その続き→きみのこえ。132・133話ネタバレあらすじ&感想

前々回のお話→きみのこえ。134話ネタバレあらすじ&感想

前回のお話→きみのこえ。135話ネタバレあらすじ&感想

思えば無料レンタル券で一気読みした作品でしたが、あの時この作品を選んで良かったと思います。

レンタル券の記事はこちら→comicoリニューアル後の100枚レンタル券は使えない?実際に使ってみた

きみのこえ。最終回あらすじ

届いたきみのこえ。

「ユウヒくん、本当にわずかだけどちゃんと聞こえたよ。本物のユウヒくんのこえ」

画像引用:きみのこえ。

「わたし今日からユウヒくんの彼女ってことでいいのかな?」

そう言って笑顔をみせるイチカ。

もう本当に天使です!

改めてその可愛さに惚れ直すユウヒとワルツ。

「むしろ彼女になって頂けるなら、大変ぼくは幸せに思いますですはい」

とユウヒはマトモに喋る事すらできていませんwww

そんなユウヒに「私も好きですって叫んだ方が良かったかな?」と聞くイチカ。

それをユウヒは「ダメだよ。これけっこー恥ずかしいよ」と答えます。

「声さ、聞こえない?」

そうユウヒに言われ、耳を澄ますイチカ。

画像引用:きみのこえ。

もうこのおっさん全読者の代表でいいと思いますwww

おっさんを筆頭にギャラリーの皆様が盛大にユウヒ達に拍手や声援を送っていましたwww

これは確かに恥ずかしいwww

でもそこは、しっかりと拳を突きあげ声援に応えるユウヒ。

いい子ですwww

私見たことないんですが、サプライズでフラッシュモブとかで派手なプロポーズした光景ってこんな感じなんでしょうか?

都会だと見れたりするのかな?

「でもさ、こうして祝ってもらえるのって結構嬉しいね」

そうイチカに笑いかけるユウヒ。

「改めてよろしくお願いします」

「はい」

こうして二人は無事恋人同士になりました。

スポンサーリンク




すっかり渦中の人www

数日後。

ユウヒの告白はすっかり学校中に知れ渡っていましたwww

制服でワルツ連れてたら、そりゃ特定容易ですよねwww

それをネタにユウヒをからかうレンとミッキー。

「でもおめでと。俺彼女いるやつ嫌いだけど、ユウヒは素直に嬉しいぞ!」

とミッキーはユウヒを祝福します。

ってかミッキー正直すぎてめっちゃ清々しいわwww

100話一気に読んだ時はレンの方が好きだったんですが、最近はすっかりミッキーの方が好きですね。

このアホ素直な所が心洗われる気がします。

そんなユウヒの様子を見て「卒業までには告白するよ」と自分の方も決意を新たにするレン。

そのレンの想い人・ココナもユウヒを祝福にやってきました。

「おめでと!試験も頑張ってね!」

そんなシンプルな言葉でしたが、しっかり笑顔でユウヒを祝ってくれました。

「俺は4年片思いしてんだよ。ココナの片思いとは年季が違うんだよ」とレン。

そんなレンをからかうユウヒとミッキーに、レンは逆切れwww

またこの三人組+毛玉が見れて良かったです!

そんな中黄色い声援の向こう側から、猛ダッシュでやってくる人影が。

画像引用:きみのこえ。

はい、やってきましたお義兄さんwww

「妹と恋人同士になったっていうのは本当かい?」と超ご機嫌ですwww

「センリさんにまでバレてる…」と言うユウヒにセンリは追い打ちをかけます。

「ニュース記事になってたよ」

なんとニュースにまでなってましたwww

そりゃあれだけギャラリーいたらSNSに上げたりするよねwww

「『異なる世界の人へ愛の告白』こんな事するのユウヒくんくらいかと思って」

そうユウヒにニュース記事を見せつけた後「増々頑張らないとね、俺のとこに来る以上はめちゃんこしごくからね」とセンリはユウヒに檄を入れます。

「はい!よろしくお願いします!」

こうしてユウヒにまた頑張る力が湧くのでした。

スポンサーリンク




カヨちゃんは頑張る人の味方です

一方イチカ側。

「ユウヒくんの方は有名人になっちゃったね」とニュース記事を見て笑うカヨちゃん。

もうこれ数年後に映画化される予感ですねwww全米泣くやつでwww

イチカからユウヒが学校中でバレて大変だという話を聞き「ユウヒくんって地味なのに不思議と目立つよね」とカヨちゃんは言います。

まぁカヨちゃんは接点が少ないからそんな感じなのかもしれませんが、同じ学校内なら成績優秀でイケメン教師と特別仲が良くて、いつもワルツ連れてたらどんなモブ外見でも目立つ気がするwww

接点が少ないカヨちゃんから見ても「目立つ」というのは、ユウヒ本来の魅力のかな?とは思いますね。

そしてカヨちゃんは「超嬉しいっ!!自分の事じゃないのに超嬉しいっ!!」と喜んでくれました。

これユウヒの頑張りも、イチカの頑張りもちゃんと知ってるからカヨちゃんもこんなに嬉しいんでしょうね。

おっさんは読者代表だけど、カヨちゃんはみんなの応援団長って感じですね。

カヨちゃんに応援されたいです。

そんなカヨちゃんの言葉を聞いて「カヨちゃん大好き」と泣き出すイチカ。

「ほら、すぐ泣くー」とイチカを撫でるカヨちゃん。

この二人の超癒されるツーショットももう見納めなんですねぇ…。

でもまた見れて良かった!

たった一言「好きだ」と言っただけで世界がこんなに変わるんだな…。

でもまだこれはスタートにすぎないから、まだまだ努力しないとね。

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280