カカオ79%第16話あらすじ&感想:勇と翼と放課後の呼び出し

墓穴を掘った事により、勉強会はおろか、クッキーを渡しづらくなってしまった翼。

結局何もできないまま一日が終わろうとしていました。

カオ79%を初めて読む方は5分でかわるまとめと各話感想をご活用ください(#^^#)

カカオ79%第十六話あらすじ

クラスのロッカーを使用した事について、袋いっぱいのクッキーで担任を懐柔し、難を逃れる事に成功した翼。

それで紙袋1つ処分したにも関わらず、クッキーは大量に余ってしまいました。

というのも、蛍と一緒に作ったという話が広まって、クッキーを渡す度に勇との事を聞かれたので、渡しづらくなってしまったのでした。

ううむ、自業自得な気もしますが、翼は不憫ですね。

img_2699

画像引用:カカオ79%第十六話

元々自分たちが沢山友達を作れば、恋人だと誤解される事も減るだろうと思って言い出したのにも関わらず、何一つ上手くいっていない。

むしろ頑張れば、頑張るほどやぶ蛇になっていく現状を翼は嘆きます。

クッキーも大量に余ってしまったので、勇に押し付けようとする翼。それを拒否する勇。

そんなやりとりをしつつ、帰ろうとした勇の下駄箱には「放課後屋上で待っています」という手紙が。

img_2700

画像引用:カカオ79%第十六話

それを見た勇の反応がこれですよ!

やっぱりモテまくるとウザく感じるんですかね~?

なんか個人的には羨ましい通り越して妬ましいんですけど(笑)

私なんか罰ゲームのやつすらもらったことないのに。

翼も「もう少し喜びなさいよ」「なんて失礼な顔してんだ」と言う様に、ちょっとこれは男子高校生にあるまじき反応です。

くそう、チートイケメン羨ましい。

スポンサーリンク


気を利かせて帰ろうとする翼を勇は「すぐ戻ってくるから待ってろ」と引き止めます。

そんな勇を翼は「ちゃんと待ってるからゆっくり行ってきなよ」と快く送り出します。

これには勇も苦い表情(笑)

一人になった翼は、勇とは対照的に自分の事の様にソワソワしています。

正直オッケーして欲しいとまで思うノリノリっぷり。

img_2701

画像引用:カカオ79%第十六話

勇とは違って、心から勇に彼女ができることを望んでいる様子です。

勇つくづく報われないですね。

ただ難しいとは思いつつも、翼は「勇に彼女ができたら、自分とも仲良くして欲しい」とは思っているみたいですね。

これ現実だったら絶対もめるパターンですけどねぇ。

こうして考えると、異性の友人関係ってホント難しいですね。

関係者全員サバサバしてないと成り立たないですよねぇ(笑)

「仮に勇が断ったとしても、私が待ってるのは失礼じゃないか?」と翼は気を利かせて教室で待っている事にしました。

一方勇は…屋上でモブ男と対峙していました。

スポンサーリンク


カカオ79%第十六話感想:勇はやっぱり翼と居たいんですね~

今回は特に勇が翼と一緒に居たいんだなぁ~と感じましたね。

帰るのを誘ってくるのも勇からだし、先に帰ろうとした翼を引き止めるのも勇だし。

なんというか、お母さんと一緒に居たい子供とか、飼い主と離れたくない犬みたいな結構純粋な気持ちみたいに感じるのは私だけですかね?

翼は習慣として勇と一緒に居るみたいに感じるんですが、勇は意思を持って翼と一緒に居てる気がします。

そして翼は勇の気持ちはお構いなしにワクワクしてますね。

もう心の底から勇に彼女ができるのを歓迎してますよ。

これでいいのかヒロイン!?

仮に勇に彼女ができたら、翼は今よりもっと苦労しそうな気がするんですけど…。

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280