カカオ79%第51話あらすじ&感想:翼は天童の壁を壊せるか

夢の中、翼は苦しそうな勇に出会います。

夢の中の勇は何を伝えたかったのでしょうか?

カオ79%を初めて読む方は5分でかわるまとめと各話感想をご活用ください(#^^#)

カカオ79%第五十一話あらすじ:兄の帰郷編11

風邪をこじらせたはずの翼は、制服姿で真っ白な空間に立っていました。

そんな中、苦しそうに咳き込む声が聞こえます。

そこには赤いランドセルを背負い、花を抱えた小学生の勇が立っていました。

「えっ?勇?どうした?なんで縮んでんの?私より小さいじゃんざまぁ!!」

いやいや翼よ、いくら取り乱していても、風邪でつらそうな子供にいきなりざまぁは酷くないっすか?(笑)

今の勇ならまだしも、相手は小さいんだからざまぁはやめてあげて(笑)

そんなブレない翼も好きなんですけどね。

「どうしたの?風邪ひいてる?」

二言目にやっと勇の異変に気付いた翼。

子供の勇は翼に花を差し出し咳まじりで苦しそうに「ごめん」と謝ります。

「ごめんって何が?ちょっと大丈夫?」

状況が飲み込めないまま、翼は勇の心配をします。

img_2881

画像引用:カカオ79%第五十一話

今の高校生の勇は風邪をうつした事を詫び、そのまま消えてしまいました。

一人取り残された翼。

言いしれぬ不安…そして

img_2887

画像引用:カカオ79%第五十一話

痛みと重みを感じて目を覚ましたのでした。

何でも蛍は空を見送った後、仮眠のつもりで翼のベッドで眠っていたらしい。

空は今日もう一回家に寄って、明日からはホテルに泊まるそうだ。

そんな蛍の話を聞きながら、翼はさっきの夢について考えていました。

風邪は勇がまるごと一緒に持って行ってくれた様に治った。

でもあんな夢見たからって全部許して連絡なんてできない。

そんな事を考えながら朝食を食べる翼。

そこにワンピースを着た天童がやってきました。

すぐ返す、という天童にたくさん溢れてるから、もらってくれてもいいよ、そう返す翼。

しかし天童は律儀に「いや、ただでいただく訳にはいかない。必ず返す」と答えます。

ただじゃないよ、と昨日卵をわざとこぼしてくれたお礼を言い、翼は続けます。

「天童さんって初めて会った時もこうだったよね。

あんまり他人に甘えないっていうか、はっきりしてるって言うか。

そういうとこ好きなんだ」

翼の言葉を聞いて、一瞬驚いたというか、面食らったというか、予想外の答えを聞いた天童は

「あなた思ったより鈍くないのね」

そう翼に向き合います。

img_2880

画像引用:カカオ79%第五十一話

「私は、甘えん坊のバカは嫌いなんでね」

そう、真っ直ぐ翼を見つめて天童は言いました。

カカオ79%五十一話感想:ある意味これは天童に近づけたのでは?

あの打算的な天童が、自分が翼という使えそうな駒に対して「嫌われる=利用できなくなる」リスクを冒してまで本音を言ったのは、ある意味近づけたんではなかろうか?と思いますね。

それ以上に「面倒になった」という可能性も無きにしも非ずですが(笑)

でも天童は翼を認めたからこそ、本音を言ったんだと思います。

それが多分天童の「礼儀」で「筋を通した」からだと思うんですよね。

そう、天童ってちょっと考え方というか、融通の利かなさっていうかその辺りがちょっと古風な侍っぽくないですか?

私は個人的にそう思うんですけど。

なんか切り捨て御免的なところもあるし。

でも義理人情を重んじる主人公タイプではないな(確信)

そしてしっかり空の見送りをする蛍。

ホンマこの子は出来た嫁ですね!(笑)

ちゃんと翼の朝食も出してくるし、ホントこの子どんなけ面倒見いいんだよ!?

カカオ79%登場人物内で嫁にするなら、蛍一択ですね!

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280