学級委員に、なりました。第17話ネタバレ&感想:ただの噂話

意外な所で吉川さんの過去を知る人物に出会った愛花。

愛花はそこである噂を聞きました。

他のcomicoオススメ作品はこちら
img_2509 %e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

個人的に金・土・日に好きな作品が集中してますwww

前の話:学級委員に、なりました。第16話:かわいそうなのは誰?

学級委員に、なりました。第17話あらすじ

学級委員の理由の噂

「藤崎の相方の学級委員って吉川美紅?」

そう意外な所からでてきたあの子の名前に驚きながら「そうだけど」と愛花は答えます。

知ってんの?と聞き返すもう一人の元クラスメイト。

それにさっきの女子が答えます。

「あたし同中でさー、吉川って中学の時も毎回学級委員やってたんだよね」

愛花が聞いてもいないのに、あの子の情報だけがどんどん入ってきます。

「あの子が学級委員やってる理由って内申目当てって噂あったけど、もっと変な噂あったよ」

「変な噂?」

画像引用:学級委員に、なりました。

「『先生狙い』って」

聞きたくなかったあの子の話。

だけどその内容に愛花は興味を持ってしまいます。

「実は吉川は先生フェチで学級委員になって先生に近づいて落そうとしてるとか、そういう噂」

ううん…君ら暇だな。

正直そう思ってしまいましたwww

いやいや、だって君らがやらないから美紅ちゃんがやってくれてるんでしょ。

それに対してあれこれ噂するなんて…。

ホント暇だなぁと思いました。

スポンサーリンク


先生狙い?

画像引用:学級委員に、なりました。

それは全く根も葉もない噂かもしれない。

でも、もし本当に吉川さんが先生狙いだったら…。

だけど、愛花にとってはそんな事はどうでも良かったのです。

修也があの子に興味を失くすのならば。

あの子が修也にとっての「特別」でなくなるのならば。

それこそが愛花にとって全てでした。

自分が「特別」じゃないのは構わない。

でも、修也が「特別」を作るのは嫌。

そんな小さなワガママが愛花を今動かしていたのでした。

しかも担任の小山先生は若いし、カッコいいから全くない話ではないだろう。

そして1年の時に小山先生のクラスだった子達から、愛花は情報収集を始めました。

スポンサーリンク


そして修也に…

あの子と修也を引き離せるなら何でもいい。

そう思って愛花はすっかり体育もサボらなくなった修也の方に目線を向けます。

楽しそうな修也の姿でしたが、それは愛花の望んだ修也の姿ではありませんでした。

少し暗い気持ちを抱え、愛花は修也の元へ向かいます。

画像引用:学級委員に、なりました。

「修也は吉川さんの噂のこと知ってる?」

愛花はそう修也に尋ねたのでした。

何故だろう?逆に修也に嫌われないか愛花が心配なんですが(切実)

噂の話をしたら「愛花がそんな事信じる子だと思わなかった」とか修也に言われて、愛花が逆に傷つく未来が見えるのは私だけでしょうか?

もちろん変な噂が耳に入って美紅ちゃんが傷つくのは嫌なんですが、なるべく愛花にも傷つかずに改心していただきたいのですが。

なんだかんだ言って愛花可愛いと思ってしまいますね。

少しまだ子供なだけで、根っこの部分は良い子だと思いたいです。

次の話:学級委員に、なりました。第18話:嘘つくような子じゃないけど

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280