学級委員に、なりました。第27話ネタバレ&感想:学級委員として

休み時間。

やはり先ほどの件は一件落着とはいかなかった様で…

他のcomicoオススメ作品はこちら
img_2509 %e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

個人的に金・土・日に好きな作品が集中してますwww

前の話:学級委員に、なりました。第25話ネタバレ&感想:大好きなんです

学級委員に、なりました。第27話あらすじ

肉食系女子の尋問

休み時間になるや否や、修也の机に群がる肉食系女子さん達。

学級委員に、なりました。第4話:これから仲良くなりたいって思ってるとこ

こちらの第四話にて修也に「名前で呼んで♡」アピールしてた子たちではなかろうかと。

「なんでさっきは遅刻したのー?」

「吉川さんと何かあったのー?」

画像引用:学級委員に、なりました。

先ほどの修也の説明では納得いかなかったのか、はたまた修也と喋りたいだけなのか。

彼女達は修也に問い詰めます。

「あー、さっそく肉食系女子さん達が食いついてる」

そう修也の状況に目を向ける永斗www

うん、そうなりそうだとわかってたら永斗も修也の席に真っ先に行っとけば良かったのにwww

そこの詰めの甘さが永斗がモテにくい理由ではなかろうかwww

いや、個人的には好きだけどね。

「ええと、それはさっき俺が授業サボろうとして…」

そう説明しようとした修也の元に天使が舞い降ります。

スポンサーリンク




苦手なのに

「ちがいます!」

画像引用:学級委員に、なりました。

そう修也の会話に割って入ったのは美紅ちゃんでした。

「…あの…さっきの原因は…私が…藤崎くんに嘘を…」

しどろもどろになりながらも、必死で説明しようとする美紅ちゃん。

「嘘ー?」

しかし肉食系女子さんの言葉に緊張して上手く話せません。

ですが、美紅ちゃんの登場で新展開への期待は高まり、クラス中の注目が美紅ちゃんに集まります。

人前で話すのが苦手なハズの美紅ちゃんが、自分の為に一生懸命庇ってくれてる。

黙っていたらそれで済むのに。

美紅ちゃんにとっては何の問題もないはずなのに、わざわざ自分から。

そんな美紅ちゃんの気持ちに惚れ直す修也。

いや、もう修也は毎日美紅ちゃんに一目惚れしてるレベルでしょう。

まっすぐで、大人しいけどゆずれない所もしっかり持ってる。

そんな美紅ちゃんの姿に修也は初めて一緒に仕事をした時の事を思い出しました。

エピソード詳細:学級委員に、なりました。第2話:吉川さんの事を知りたい

スポンサーリンク




学級委員スイッチ

そんな好きな女の子が自分の為に一生懸命頑張ってくれている。

それをアシストできなきゃ男がすたるってもんですよね!

しかしそこは我らが修也先生、しっかり心得ています。

画像引用:学級委員に、なりました。

「あー、じゃあ俺達前に出て説明します。学級委員として」

そう修也は美紅ちゃんの学級委員スイッチを入れたのです。

エピソード詳細:学級委員に、なりました。第7話:美紅ちゃんについてるもの

少しでも美紅ちゃんが話しやすくなるようにと。

しかし修也、さり気なくまた美紅ちゃんの肩に手を置くとか凄いな。

今日美紅ちゃんへのボディタッチ何回目だよwww

もう結婚会見みたいなノリじゃねーかwww

いいそ、もっとやれwww

次の話:学級委員に、なりました。第28話ネタバレ&感想:平たく言えばそう

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280