学級委員に、なりました。第26話ネタバレ&感想:サボりの後始末

誤解が解けて笑顔になる修也と美紅ちゃん。

思わず告白しようとした修也でしたが…

他のcomicoオススメ作品はこちら
img_2509 %e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

個人的に金・土・日に好きな作品が集中してますwww

前の話:学級委員に、なりました。第25話ネタバレ&感想:大好きなんです

学級委員に、なりました。第26話あらすじ

学級委員ですから

「それに俺、美紅ちゃんの事も…」

そう言いかけた修也は、美紅ちゃんの様子がおかしい事に気が付きます。

急に青ざめ、固まった美紅ちゃんに修也は内心焦ります。

自分はまだ告白してないよね?未遂だよね?

画像引用:学級委員に、なりました。

そんな修也に美紅ちゃんは青ざめながら言いました。

「そういえば今、授業中なんですよね…」

サボる事に特に罪悪感を抱いていない常習犯・修也に対し美紅ちゃんは初めてのサボり。

「今さらそこ?」と修也は思いますが、美紅ちゃんにとっては重大な犯罪にも等しいこの行為。

「さっきまではそれ以上に藤崎くんとの事で頭がいっぱいだったせいか平気だったんですが…ホッとしたら急に事の重大さに心臓がバクバクしてきて…」

そう美紅ちゃんは狼狽えます。

「どうしよう…私授業うをさぼるなんて…とんでもないことを…どうしよう…」

そう涙ぐむ美紅ちゃん。

ヤバい、美紅ちゃんピュア過ぎて死にそう。

青ざめてオロオロしてても天使とか最強かよ!

いや、でも嗜虐心とかじゃなくて「美紅ちゃん可哀想!心配しないで!」みたいな純粋に優しくなれる感じだわ。

もうマジで可愛いは正義。

スポンサーリンク




大丈夫だから

でもなんとかしないと!って1番思ったのはやはり間近にいる修也です。

修也は震える美紅ちゃんの手を握り、優しく言いました。

「大丈夫。ちょっと遅れちゃったけど、大丈夫だから」

画像引用:学級委員に、なりました。

そして修也は「授業行こう」とそのまま美紅ちゃんの手を引いて歩きだしました。

久しぶりの修也先生のイケメンモテテクキターーーーーー!!

流石修也先生パネエ!!

凄い!ナチュラルな流れ!イケメン!カッコいい!!

そこに痺れる憧れるぅ!!

闇落ちしてる修也もそれはそれで個人的には好みなのですが、やっぱり修也は光属性の方がらしいですよね!

悔しいけど本当に修也は心の底からイケメンだせ!

…そう思ったけど、美紅ちゃんが青ざめてる原因作ったの修也なんですよねwww

でも様になるし、カッコいいから許す。

美紅ちゃんは修也の力強い手に引かれ驚きつつも、その背中にどこか安心するのでした。

スポンサーリンク




二人の遅刻者

「すいません、遅れました」

教室のドアを開けるなり、修也が言います。

学級委員の二人の登場にざわつく教室内。

クラスの注目を集める中、美紅ちゃんは狼狽えながらも弁解しようとしましたが、それを庇うように修也が前に出ます。

「俺が授業をサボろうとしたのを吉川さんが止めに来てくれて、そのせいで吉川さんまで遅刻させました」

画像引用:学級委員に、なりました。

励ます様にもう一度美紅ちゃんの手を力強く握る修也。

美紅ちゃんは修也の「大丈夫」の言葉を思い出します。

「全部俺のせいです」

そう言い切った修也に、美紅ちゃんは何か言いかけますが先生はそれを制し言いました。

「まぁとりあえず、今は授業中だから早く席につけ」

ぐう正論www

そして修也は先生に対し「げっ」と言った事と併せて反省文を提出する様に言われますwww

エピソード詳細:学級委員に、なりました。第22話:このままじゃ嫌だ

しかし修也マジでカッコいいなぁ。

ここ数話ダメな所しか見てなかったから久しぶりに修也の真骨頂を見た気がします。

これでこそ修也!

今更ながら天使な美紅ちゃんと、スーパーイケメン・修也の組み合わせって本当に無敵感凄い。

この漫画読んでて良かった!って心の底から思う瞬間ですね。

修也と美紅ちゃんが手を繋いでいた事。

明らかに修也が美紅ちゃんを庇っていた事。

まだざわつきが残る教室内。

そんな中愛花は勿論嫌ではあるんだけど、どこか吹っ切れた様な修也を見て、複雑な表情を浮かべるのでした。

コメント欄では「愛花ざまぁ」なコメも多かったのですが、個人的にはあんまりそんな感じはないですね。

ここで愛花が歯を食いしばってギリギリしながら美紅ちゃんを睨みつけてたら「ざまぁwww」って思ったんでしょうが、ちょっと寂しそうな感じの表情だったので、愛花なりに思う所があったのかな?と。

修也を傷つけた事を気にしていたので、いつも通りの表情で帰って来た修也を見て少しホッとした部分もあったんじゃないかな?と思います。

愛花は愛花で自分に正直と言うか、愛花なりに筋が通らない事は嫌なんじゃないかな?と思います。

エピソード詳細

学級委員に、なりました。第21話:全部嘘だったんだ

学級委員に、なりました。第22話:このままじゃ嫌だ

このまま揉めないでくれたらいいなぁー。

次の話:学級委員に、なりました。第27話ネタバレ&感想:学級委員として

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280