学級委員に、なりました。第24話ネタバレ&感想:サボる学級委員たち

始業を告げるチャイムは既に鳴りました。

でも修也と美紅ちゃんは二人、まだ屋上に居たままでした。

他のcomicoオススメ作品はこちら
img_2509 %e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

個人的に金・土・日に好きな作品が集中してますwww

前の話:学級委員に、なりました。第24話ネタバレ&感想:修也完全に闇落ち

学級委員に、なりました。第24話あらすじ

学級委員のいない教室

始業のチャイムが鳴り「授業始めるぞー」という声と共に教室へと入って来た小山先生。

画像引用:学級委員に、なりました。

しかし修也と美紅ちゃんが席についていない事に気が付きます。

二人がいない事に気が付いたのは、先生だけではありませんでした。

愛花もまたそれに気が付き、二人が一緒にいるのだろうと見当をつけていました。

あの子のことで傷ついて、あの子と今も一緒にいる修也。

愛花は修也を動かすことのできる美紅ちゃんの存在に心中穏やかではありませんでした。

スポンサーリンク




藤崎くんも学級委員です

「学級委員が授業サボっちゃまずいんじゃないの?」

そうラスボスの風格漂わせ、美紅ちゃんに問いかける修也。

美紅ちゃんはその迫力に一瞬怯んだものの、唇を噛みしめ踏みとどまります。

「藤崎くんも学級委員です」

修也の目を見据え、そう言った美紅ちゃん。

しかし修也は冷たく答えます。

「でも俺いらないよね」

画像引用:学級委員に、なりました。

「美紅ちゃんはひとりの方がいいんじゃないの?」

そんな初めて聞く修也の冷たい言葉。

「吉川さんは一人で大丈夫だよね」

昨年一緒に学級委員をした男の子。

その言葉を美紅ちゃんは思い返します。

違う。

確かに今までは一人でやってこれた。

自分を変えたいって思いながら、心のどこかで諦めていたのかもしれない。

自分はずっと一人なんだって。

でも修也は今までの一緒に委員をやってきた子たちとは違いました。

自分が一緒に居て欲しいと思う位。

だから、この気持ちをちゃんと伝えたい。

スポンサーリンク




うれしかった

「そんなことない…っ」

美紅ちゃんは修也の言葉を力いっぱい否定しました。

「私、嬉しかった」

一緒に職員室へ行こうと初めて声をかけてくれた時。

頑張るって言ってくれた時。

ずっと一人だと思ってた。

だから嬉しかった。

画像引用:学級委員に、なりました。

「藤崎くんが一緒に学級委員の仕事をしてくれるのが、すごく嬉しかった!」

そう美紅ちゃんは修也に自分の気持ちを伝えました。

もうなにこの大天使。

ラストの修也もきっとそう思ってるに違いない。

あれはそういう顔だ!

次の話:学級委員に、なりました。第25話ネタバレ&感想:大好きなんです

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280

  1. アセロラ より:

    初めまして。
    この漫画私も大好きです~!
    美紅ちゃんは大天使ですよねッ
    画像の表情から一生懸命さが伝わってきます…!
    修也に早く擦れ違いに気付いて欲しい。

    美紅ちゃんの言葉を聞いた時の修也の顔で終わってるんですね。
    先読みしてないので知るのは先になりますがどんな表情なのか楽しみにしておきます(笑)

    • pukkori より:

      >アセロラ様
      コメントありがとうございます!

      美紅ちゃんホント大天使ですよね!
      毎週美紅ちゃんに癒されてます!
      なので実は愛花回はかなり美紅ちゃんロスでした(笑)

      >美紅ちゃんの言葉を聞いた時の修也の顔で終わってるんですね。
      そうなんです。
      「美紅ちゃんマジ大天使」
      みたいな顔だと私は思いますので、通常配信された際に「ああ、これかー」と思っていただければ幸いです(笑)