カカオ79%第11話あらすじ&感想:翼と勇の溝は深い

どちらがより多くの友達ができるかを勝負する事になった翼と勇。

ですが、翼と勇の間には温度差がある様で…

カオ79%を初めて読む方は5分でかわるまとめと各話感想をご活用ください(#^^#)

カカオ79%第十一話あらすじ

日直の女の子が、宿題を集めて職員室へ運ぼうとする…日常的によくある光景ですね。

だがしかし「ノート私が持っていくわ」と翼が日直の女の子に言うと、途端にその光景は非日常的光景へと様変わりします。

「前の授業のもあって重いよ!」

そう慌てて日直の女の子は翼に言います。しかし翼は

img_2530

画像引用:カカオ79%第十一話

「だから私が持っていくよ。あなたには重いでしょ?

その代わり後でテストの範囲教えてもらえるかな」

とイケメンスマイルで微笑むのでした。

はい、堕ちた!

そら堕ちるわ!こんなイケメン女子そうホイホイ居てたまるか!

えっ?翼の天然たらしっぷりハンパないんですけど!!

こんな同級生居たら惚れるなっていう方が無理ですよ!

いいな~、いいな~。こんなカッコいい同級生欲しかったなぁ~(笑)

翼本人は上手く誘えた!と内心ガッツポーズものでしたが、勇から見れば、完全にナンパです(笑)

翼にとって気がかりなのは、勇が全くこの勝負に乗り気でない事です。

今朝迎えに行った時も勇は冗談だと思ってた様子だったので、挑発もしてみたのですが、やはり勇のやる気は変わらなさそうでした。

スポンサーリンク


一方勇。昨日「部屋に入る時はノックをしろ。俺は男でお前は女」としっかり言い聞かせたつもりでしたが、今朝も相変わらずノックなしで部屋を襲撃され、着替え中を見られた挙句、別にいいじゃんで済まされ、昨日言ったことを全く翼が聞いていない事に頭を悩ませていました。

そもそもよく考えてみれば、負けて犬になったところで今までと変わりはない。

img_2531

画像引用:カカオ79%第十一話

ならば面倒くさいし、無理やり友達を作る必要もないんじゃないか?という見解です。

いやいや、勇と翼の間にはなかなか深い見識の溝がありますね~。

お互い、自分達以外の友達を作って世界を広げようと思う翼。

自分たちの関係を洗い出し、自覚して(させて)から、翼の好きな様にすればいいと思っている勇。

お互いの気持ちもわかるんですけどね!なんかモヤモヤしますよね~。

職員室までノートを届けた翼。

担任の先生より「意外と真面目だな」という評価をもらいます(笑)

そこで「方向音痴の天童さん」という生徒がいると知ります。

スポンサーリンク


この学校内で迷う人もいるんだな~。

転校してきた時誰かに学校案内とかしてもらえば良かったなぁ~。等々の反省を踏まえつつ、翼の心は日直の女の子をどう勉強会に誘うかでいっぱいです。

img_2532

画像引用:カカオ79%第十一話

そんな時、翼の視界に何か光が映りました。

「なんだろう?」そう不思議に思い、光源に近づく翼。

そこに落ちてきたのは…眼鏡でした。

いやいや、友達は欲しいけど眼鏡はいらねぇっす。そう思った翼でした。

カカオ79%第十一話感想:翼がカッコいいのに切ない

いや~、ホント翼好きですねぇ~。

もう毎回惚れ直してるレベルです。でも翼が男だったら良かったのに!とは思った事ないですね。

女の子であの男前感が良いんですよ!

翼カッコいいよ翼!

でも色々友達が欲しいという思いが痛々しい位あって、女の子に話しかけるのにどうしよう?って色々悩んじゃう翼が可愛くもあり、切なくもあります。

過去に色々苦労(勇絡みで)したんだろうな~、そしてそれが翼を臆病にさせてるんだろうな、と思うと切ないですね。

切ないと言えば、昨日翼に言った忠告をまるっと無視された勇も切ない。

あんなに切々と訴えていたのに、聞き入れられていなかったんですもんね。

そして自分の犬扱いをほぼ受け入れてる勇が悲しいですね(笑)

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

フォローする

スポンサーリンク
記事が気に入ったらコメントお願いします
コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。 どしどし書き込みをお待ちしております。 コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。  ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。 ご了承ください。 まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪
スポンサーリンク
336*280