ジャンプ+の話題作!青のフラッグ第1話のネタバレと感想

とは言え、持ってこられた所でどうすればいいのかと途方に暮れる太一。

しかし以外にもトーマの方が先に喰い付きました。

「あ、何それタイちゃん。なっつかしー」と。

まさか急にトーマがやってくるとは思っていなかった空勢さんは固まります。

そしてトーマが「タイちゃんの作ってたオリジナルバトル鉛筆。俺あれ超好きだったんだよね」と言いましたが、太一は急に恥ずかしくなって遊ぶ事を提案します。

こうして空勢さんは桃真とめでたく一緒にバトル鉛筆で遊ぶ事には成功しました。

そして授業中にその感謝の気持ちを手紙に書き、太一に伝えます。

しかし、翌日も同じ様にはいきません。

流石に太一と空勢さんが一緒にバトル鉛筆で遊んだところで何を得られる訳でもありません。

空勢さんはどうやってトーマの事を誘えばいいのかと太一に尋ねますが、太一にだってそんなハードルの高い事わかる訳はありません。

画像引用:ジャンプ+

そんな中、太一は今日空勢さんが三つ編みにしている事に気が付きます。

いつもと感じが違うという太一に空勢さんは「三田くんはどんな髪形が好き?」と聞きます。

それに対し、太一はあまり意味を感じないと答えました。

その答えに意外な顔をする空勢さん。

彼女に太一は説明します。

「正直髪形とかちょっとした違いじゃ気付かないって」と。

画像引用:ジャンプ+

そして例として「バッサリショートぐらいにしたら印象も変わるだろーけど」そう何の気なしに言ったのでした。

途中で友人に呼ばれた事もあり、太一は深刻には考えていませんでした。

スポンサーリンク




画像引用:ジャンプ+

しかし八方塞がりだった空勢さんは違いました。

翌日バッサリとショートにしてきたのでした。

その姿を見て声を失う太一。

しかし太一の後ろからやってきた桃真は言ったのです。

「うわっ!どうしたの空勢さん、思いっきたなー」と。

焦る空勢さんと太一をよそにトーマはあっさりと言いました。

「良いじゃん、似合うよ」

きっと空勢さんからすれば最上級の褒め言葉を。

変じゃないかと慌てふためく空勢さんに「良いって」と絶賛する桃真。

それに喜び「ありがとう一ノ瀬くん。髪短くしろってアドバイス。おかげで褒めてもらっちゃった」とお礼を言った空勢さんでしたが、太一は叫びました。

「そんなこと言ってなかっただろ!」

そして教室中の視線を集めてしまった気まずさから太一は教室を飛び出します。

それを追う空勢さん。

そんな二人をトーマはただ呆然と見つめていました。

スポンサーリンク




何か気に障る事言った?と心配そうな空勢さんに太一は言います。

「ショートにしろなんて言ってなかっただろ?責任なんてとらねーぞ!」

その太一の言葉からやっぱり変なのかと不安になる空勢さんでしたが、太一はそこは似合ってると正直に言います。

では太一の懸念はとは言うと。

画像引用:ジャンプ+

「空勢さんがトーマと付き合うのはムリだよ」

そう言い切りました。

太一はトーマの好きな人を知ってると言うのです。

それは「スラッと背が高くて、年上のいかにもお姉さんって感じの人でスポーディでさばさばして、明るくてハッキリものを言って黒髪ロングのストレートで巨乳」という空勢さんとはおおよそ正反対の人物像でした。

それを聞いて空勢さんは「三田くんはその人と付き合ってるの?」と聞きます。

「いや、トーマの片思い」そう太一の答えを聞いて「じゃあやっぱりありがとう」そう空勢さんは答えました。

最初無理だと思ったのに、頭ごなしに否定しないでくれて嬉しかったこと。

「頑張るね」

そう気丈に笑う空勢さんでしたが、やっぱり悲しみは隠しきれなかった様で、その目からは涙がこぼれます。

スポンサーリンク




画像引用:ジャンプ+

でも変わるって決めたから。

諦めるのもやらないのも、やる前からムリと思うのも、やらないで後悔するのも。

嫌いな自分で居続けるのも。

そう涙ながらに訴える空勢さんに太一は感じるものがありました。

自分は今まで何の根拠もなく安心していたのだと。

特別な事もせず、自分の分をわきまえて普通にしていれば、これ以上自分を嫌いになる事もないのだと。

でも空勢さんは変わりたいと泣いた。

そんな彼女はもう自分と同じどんくさくて俯いてばかりの空勢さんじゃなかった。

画像引用:ジャンプ+

だから太一は決心したのでした。

「トーマのこと協力する」と。

その結論など知らぬままに。

スポンサーリンク




青のフラッグ第一話感想:非常に胸が苦しい

そう、面白いなーとは思いつつ今まで書かなかった理由はこれなんですよね。

もう読んでて胸が苦しい。

リア充のトーマは勿論見てて苦しい理由なんですが、それよりもジミーズの太一と空勢さんにはめちゃめちゃ感情移入してしまいます。

しかも私は太一と一緒で変わろうとしなかった派だったので、性差はあるものの太一が一番自分に近いと思います。

だから空勢さんの変わろうとする眩しさすら苦しいと思ってしまうんですよね。

最初読んだ時「またえらい王道なものぶち込んできたなぁ」と思いましたが、その時思った感想は裏切られる事になりました。

しかしこの第一話ホント濃い。

ボリュームが凄い。

このあらすじだけでも大分はしょったと思ったんだけどなぁ。

個人的には空勢さんはショートの方が好きですね。

こっちの方が似合ってる。

次の話:青のフラッグ1巻収録話!第2話のネタバレと感想

他のジャンプ+作品についてはこちら

「真剣ゼミ」のぱげらったさん作「貧乏超人カネナシくん」がジャンプ+連載に!

あのマッチョグルメがジャンプ+にて連載決定!ヒャッホォォゥ!!

ROUTE END第1話:「死」がテーマの重厚サスペンス!?

連載されているジャンプ+についてはこちら

comicoリニューアル炎上で削除した人にオススメしたい漫画アプリ

スポンサーリンク
336*280
ここからトップページに戻れます
トップページに戻るのはこちら

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメント誘致

コメントは今回の話についての感想やオススメ作品など皆さまの交流の場になると嬉しいです。
どしどし書き込みをお待ちしております。
コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。
 ※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性があります。
ご了承ください。
まったり居心地のいいカフェみたいな交流サイトになれば幸いです♪

スポンサーリンク
336*280